1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

松田聖子・ソニーミュージック在籍時代のMV25タイトル一挙配信スタート

IGNITE / 2021年11月25日 23時15分

写真

松田聖子が輝き続ける理由が見えてくる、歴代ミュージックビデオの配信がスタートした。

■デビュー41年、今なお輝く存在

1980年CBSソニーからデビューし、今なおトップアーティストとして輝き続ける松田聖子。昨年デビュー40周年を迎え、コロナ禍を乗り越えて、新作の発表・コンサートツアー開催など多岐にわたる精力的な活動で常に話題を振りまいている。

そんな松田聖子がソニーミュージック在籍中に「松田聖子」「SEIKO」名義で発売したシングル・アルバム曲のミュージックビデオ25作品が、各ダウンロードストア/ストリーミングサービスにて11月24日(水)より配信開始となった。

MVの公式配信は初となり、各楽曲の詳細が紹介されているスペシャルサイトも同時刻にオープンした。

瑠璃色の地球

■松田聖子とSEIKO名義のMV25タイトル

この度配信されたMVは、1985年リリース・SEIKO名義での初のシングル「DANCING SHOES」や、1987年リリースのシングル「Strawberry Time」の他、自身のドラマ主演作など数多くのタイアップソング、そして今も多くのアーティストにカバーされ続けている不朽の名曲「瑠璃色の地球」など、バリエーション豊かな楽曲群25曲。

DANCING SHOES

同日11月24日(水)には、1987年11月リリースのベストアルバム「Snow Garden」が最新デジタルリマスタリング音源、Blu-spec CD2でリリースされることが発表されている。

このアルバムは松本隆プロデュースの企画アルバムで、その名のとおり冬の曲を中心に収録したクリスマスを連想させるアルバムとなっている。

貴重なミュージックビデオ一挙25曲配信&冬にぴったりな企画アルバムのリイシューと、デビュー40年を超えてなお永遠に愛される作品が新たな形で届けられた“松田聖子からのクリスマスプレゼント”を是非受け取っていただきたい。

Strawberry Time

1980年代前半のヒット曲にばかり焦点があてられがちだが、41年間もなぜトップアーティストであり続けたのかは、メジャーな曲以外で彼女が試みた挑戦の数々から感じ取れるはずだ。

松田聖子/SEIKOミュージックビデオ配信25曲

1985年「DANCING SHOES」
1986年「瑠璃色の地球」
1987年「Strawberry Time」
1990年「All The Way To Heaven」
1991年「Hold On 〜English Version〜」「Crazy For You 〜English Version〜」
1993年「大切なあなた」「A Touch of Destiny」
1994年「もう一度、初めから」「Back for More」「輝いた季節へ旅立とう」
1995年「素敵にOnce Again」「It’s Style ’95」1995年5月21日発売
2002年「素敵な明日」
2003年「Call me」
2004年「あなたに逢いたくて~Missing You~ 2004」「逢いたい」
2005年「I’ll fall in love」「しあわせな気持ち」
2006年「bless you」
2007年「涙がただこぼれるだけ」「クリスマスの夜」
2008年「花びら舞う季節に」「Love is all」「あの輝いた季節」

松田聖子ミュージックビデオスペシャルサイト:https://www.110107.com/seiko_mv
「Snow Garden」スペシャルサイト:https://www.110107.com/seiko_Snow_Garden
Seiko.web:http://seikoweb.com

(冨田格)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください