「鹿屋アスリート食堂」―常駐管理栄養士とスポーツ栄養学で体づくり

IGNITE / 2014年7月7日 17時59分

写真

毎日大勢のランナーたちがその周囲を走る、ランナーのメッカ『皇居』。そんな皇居ランナーたちにも是非利用して頂きたいお店が、2014年6月6日、皇居近くにオープンした。


そのお店は皇居から歩いて数分の場所に建つ「鹿屋アスリート食堂」。ランニングついでに寄ることができる距離に位置する。

同店は、飲食店経営のバルニバービと、トップアスリートが多数在籍する鹿屋体育大学、鹿児島県鹿屋市による産学官連携プロジェクトで、「スポーツ栄養学」に基づいたメニューにより「バランスのとれた豊かな食生活」を提案する。

定食は「一汁一飯三主菜」をコンセプトにしており、主菜となるおかず3品を10~15種類程度の月替わりメニューから選べるのが特徴だ。

主菜は「肉・魚・卵がメイン」「野菜と肉・魚・卵」「野菜がメイン」の3グループに分かれているものの、自由に組み合わせられる。
また店舗には管理栄養士が常駐しており、個々の体調や体質改善といった悩み・目的に合わせたメニュー構成を提案してもらうこともできる。各メニューは食材の栄養素を分析して作られており、更に食べたメニューの栄養素はレシートで確認できるのも嬉しい。同店のメニュー監修は、公認スポーツ栄養士・鹿屋体育大学の長島未央子講師による。

また、食だけに留まらずビル自体が「10over9」という複合施設になっており、食堂の上、2~4階までは「RUN CUBE」という皇居ランナーのサポート施設となっており、ロッカー、シャワーのほか、ストレッチマシンも完備する他、トレーニングメソッド「BODYMETRIX」を取り入れたプログラムも提供。屋上にはメンバー専用コミュニティラウンジがあり、軽食や酒類なども提供する。

同施設では新しい取り組みとして、食堂やランナー向け施設の利用金額の1%をポイントとして還元。たまったポイントは五輪候補選手や鹿屋体育大学生、ジュニアアスリートなどのアスリートの支援金として使える。支援するアスリートは、利用者が選ぶことができる。

『鹿屋アスリート食堂』
東京都千代田区神田錦町3-21
http://www.asushoku.com/

The post 「鹿屋アスリート食堂」―常駐管理栄養士とスポーツ栄養学で体づくり appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング