キュートなのに過激! 新型アウディS1/S1スポーツバックで“ギャップ萌え”を狙ってみる!?

IGNITE / 2014年11月14日 5時30分

写真

見た目と内面の印象が違っていたり、意外性があったりすると、ついつい惹かれてしまうなんてことはないだろうか。いわゆる“ギャップ萌え”。アウディが11月5日に発売した新型S1/S1スポーツバック(3ドア/5ドア)は、アナタのそんな魅力を引き出せるモデルかもしれない。

■キュートな見た目に痛快なパフォーマンス
新型S1/S1スポーツバックの話をする前に、アウディのラインアップについて少しおさらいしておこう。アウディの車名には一定のルールがあって、スポーツカーの「R8」や「TT」を除くと、頭文字に「A」が付くモデルを基本に、その上級かつ高性能版が「S」、さらに獰猛な頂点モデルが「RS」という位置付けになる。というわけで、A1/A1スポーツバックの上級かつ高性能版たる新型S1/S1スポーツバックは、アウディ最小のボディに痛快なパフォーマンス性能を秘めている。

まずは見た目。数人の女性に実際に見てもらってみると、その第一声は例によって(?)「かわいー」だった。クルマ好きから見ると、さりげなく“ツボ”を押さえたスポーティな装いなのだが、小さなボディや鮮やかな色彩などの第一印象は確かに「かわいー」に該当するかもしれない。もしもアナタが普段はコワモテならば、「意外とキュートね」と思われる可能性がありつつ、4本出しのエキゾーストパイプや大型ルーフスポイラー、アグレッシブな18インチホイールなどが、男のスポーツ心を満足させてくれる。インテリアにしても、随所に効かせたレッド加飾やスポーツシートが気分を盛り上げる。

■MTを軽やかに操って“ギャップ萌え”
何よりエモーショナルなのは、その走りだ。搭載する2.0リッター直噴ターボTFSIエンジンは、最高出力231ps、最大トルク370Nmを発揮。最大トルクは1600~3000rpmという低回転域から発生するので、どんな速度域からでも思い通りの加速力を引き出すことができる。いわゆる“エンジンの美味しい部分”が、かなり広いのだ。0-100km/h加速は5.8秒(3ドア)、日本では試せないけれど最高速度は250km/hに達する。アウディのリリースでは「このクラスのポールポジションを獲得」と謳われる。

そして実はこの新型S1/S1スポーツバック、トランスミッションは6速のマニュアル(MT)しか設定されていない。見た目の洗練ぶりとはウラハラに、乗り手を選ぶ硬派なモデルなのだ。ある調査では、20代の若者の約50%が「AT限定免許」だという。MT免許が普通だった世代からは考えられないが、ここにモテのチャンスが転がっている。そう、普段はボケ役だったりするアナタが軽やかにMTを操る頼もしい姿を見せて、“ギャップ萌え”を狙ってみたい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
IGNITE

トピックスRSS

ランキング