1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

自宅に居ながらちょっとした旅気分を味わう!石川県の絶品美味食材を詰め込んだ駅弁&寿司を取り寄せで満喫

IGNITE / 2023年11月4日 22時0分

写真

石川県には、海の幸・山の幸の美味しい食材がいっぱい。なかでも自然豊かな地域で獲れる海の幸は、殊の外美味しいと評判。

アイブリッジが運営する、おとなの週末お取り寄せ倶楽部では、そんな食材で作られる駅弁や寿司に注目。自宅でちょっとした旅気分を味わえる、お取り寄せ弁当が登場した。

石川の山海の幸を詰め込んだ弁当を自宅で味わう

美味しい食材がたくさんある石川県。県の西側は豊饒の海・日本海。内陸部に目を移すと、穀倉地帯の加賀平野が広がり、白山を最高峰とする山岳地帯もある。

こうした土地柄からは、ズワイガニ・アワビ・ノドグロなどの魚介類、ひゃくまん穀などのブランド米、加賀レンコン・五郎島金時などの加賀野菜。さらに能登牛など、美味しい食材は数えきれない。そんな食の宝庫・石川県の食材を用いたお取り寄せ弁当を自宅で味わおう。

「紅(くれない)の蟹弁当 」は、カニ飯に紅ズワイガニのそぼろと酢漬けをたっぷり乗せた、旨味と甘味をふんだんに楽しめる駅弁。石川県産のお米を使用したカニ飯はさっぱりとしながらも、しっかりカニの風味が感じられ、紅ズワイガニのうま味を最高峰にまで引き立たせた絶品駅弁だ。価格は、2箱セットで4,800円。

「駅弁たかのの北陸居酒屋」は、数種類の具材でそれぞれの食感と風味を絶妙にマッチさせた傑作駅弁。合鴨肉をじっくり煮こんで奥深い風味に仕上げた鴨治部煮を始め、どじょう蒲焼きを旨味たっぷりに昇華するわさび菜和え、あんこう唐揚げ、白海老唐揚げ、ぶり大根など北陸の居酒屋の献立がぎっしり。出汁がきいた巻き玉子も酒の肴に最高だ。価格は、 2箱セットで4,200円。

「のどぐろ華ちらし」は、炙ったのどぐろに、サーモン、ぶり、甘えび、かに、いくら、厚焼き玉子を華やかにちらした、海の幸を贅沢に楽しめる駅弁。醸造酢でしめた酢飯の上に、彩り豊かにちらした具材が豪華絢爛に華やぐ。価格は、 2箱セットで4,600円。

「輪島朝市弁当 」は、輪島朝市組合公認の輪島の朝市をイメージした駅弁。石川県産の白米を使用した牡蠣飯の上にも牡蠣がのる。白身魚ふんわり揚げ、サザエいしる煮、たらの子のうま煮、ぶり角煮、ゴリ佃煮など、能登の海の幸がたくさん詰め込まれる。価格は、2箱セットで3,800円。

「カニ棒寿し」は、紅ズワイガニの棒肉を贅沢に乗せた贅沢寿司で、さっぱりした酢飯が味のポイント。分厚いカニのプリッとした食感と、石川県産のお米を使った酢飯のねっちり感についつい手が伸びてしまう。価格は、3本入りで5,800円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください