1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

西麻布|肉好きたちが唸る、完全個室の高級焼肉店「焼肉古今」が間もなくオープン!

IGNITE / 2024年1月28日 22時30分

写真

来たる2月1日(木)、専属の焼き師がつく完全個室の高級焼肉店「焼肉古今」が、東京・西麻布にてグランドオープンを迎える。

同店では、神戸牛や田村牛といったブランド牛を中心とした「おまかせコース」のみを提供。予約は、公式LINEから受付中。肉好きの彼女や仲間たちと一緒に、至福のひとときを過ごしてみたい。

昔ながらの焼肉と現代の焼肉を融合

焼肉好きが高じて焼肉屋で働き、焼肉屋で出会った二人がつくったという同店は、昔ながらの焼肉と現代の焼肉を融合した注目店となる。

黒毛和牛は但馬血統の牝牛にこだわり、神戸牛の名門・川岸牧場の神戸牛や鳥取県の田村牛を中心に、最高品質のものを厳選。そして、腕利きの料理人や焼き師、ソムリエたちが、その旨味を最大限にまで引き上げる。

完全個室制を採用した店内は、ラグジュアリーかつ落ち着きのある仕立てで、彼女や仲間たちとの食事だけではなく、ビジネスパートナーとの会食にもうってつけだろう。

「おまかせコース」は絶対的かつ感動的な自信作

グランドメニューは、絶対的な自信があるという「おまかせコース(22,000円・税込)」のみ。

生肉のユッケから始まる同コースでは、特選タンやハラミ、希少部位など10種の肉を、10種の特製タレとともに堪能することができる。

同店では、専属の焼き師が最高の状態に焼き上げるスタイルが基本だが、「自分で焼きたい」という要望にも応えてくれるという。

看板メニューは、シャトーブリアンカツとオマール海老を使用した「古今ロイヤルバーガー」。贅沢素材を活かした料理人の技が光る一品は、感動的なマリアージュが期待できるだろう。

その他、コース終盤に登場する「季節食材」や「和牛の土鍋」にも注目。ドリンク類は、ソムリエが厳選したワインをはじめ、ビールやウイスキー、日本酒、焼酎まで取り揃えている。

“古(いにしえ)”の焼肉文化と“今”どきのスタイルを融合した同店は、舌の肥えた肉好きたちを唸らせることだろう。

焼肉古今
オーブン日:2月1日(木)
所在地:東京都港区西麻布1-10-7 FT2 2F
アクセス:日比谷線「六本木駅」より徒歩8分
営業時間:平日・土曜 17:00~24:00
定休日:日曜・祝日
公式サイト:https://diningkitchen.net/
公式LINE:https://lin.ee/V57Hs78

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000019135.html

(zlatan)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください