1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

レクサス「新型ES」──個性的な「1枚の画像」を披露

IGNITE / 2015年4月15日 21時6分

写真

レクサスのミドルサイズセダン「新型ES」が、4月20日に開幕する上海モーターショーでワールドプレミアされる。まずは事前公開された「最初の1枚」をチェックしてみよう。

「ES」は1989年に初代がデビューし、過去25年間に世界で累計170万台以上を販売した高級セダン。かつては日本でも「トヨタ ウィンダム」として販売されていたが、現在は北米や日本を除くアジア諸国を中心に販売されている。

現行モデルは2012年に登場した6代目。上海モーターショーで披露されるモデルは、初のフェイスリフト&大幅改良版となる。

公開された「最初の1枚」では、シックな雰囲気のスピンドルグリルや、L字をモチーフとした大胆なLEDヘッドライトが確認できる。

レクサスによると「従来までのクラシカルな上品さをキープしつつ、細部にまでこだわった高級感や、よりダイナミックなドライビング体験を届ける」という。

日本でのレクサスセダンは「LS」「GS」「IS」「HS」と揃っていることや、「ES」には左ハンドルしか設定が無いことを考えると、日本復帰の可能性はかなり低そうだが、一方でIS以上がFR(後輪駆動)を採用しているのに対し、「ES」と同じFF(前輪駆動)はHSのみ。反響次第では、可能性はゼロではないかもしれない。

(zlatan)

写真:TOYOTA USA

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください