0-100km/h加速「3.8秒」 …しかも先代より1,000万円安くなった「メルセデスAMG GT」がついに日本デビュー

IGNITE / 2015年5月8日 21時16分

写真

昨年9月のパリサロンでワールドプレミアされた「メルセデスAMG GT」が、ここ日本でもついに発売された。

注目の価格は、先代モデルの「SLS AMG」から1,000万円近くもリーズナブルになっている。とはいえ「究極のハイパフォーマンス」を謳うだけに、その実力は圧倒的だ。

「メルセデスAMG GT」は、メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカーの第2弾。「Handcrafted by Racers.」をスローガンに、スポーツカーを愛する人のために、モータースポーツを心から愛する者たちが創りあげたという。

ラインナップはシンプルな2グレード構成で、ベーシックな「GT」が1,580万円、高性能版の「GT S」が1,840万円。前者は5月中旬に、後者は9月以降のデリバリーが予定されている。

先代「SLS AMG」が2,490万円だったことを思うと大幅なプライスダウンだが、パフォーマンスはまったく引けをとらない。

もちろん、マイスターがエンジンを一基ずつ手作業で組み上げる工程も変わらない。

新開発された4.0リッターV8ツインターボは、「GT」で最高出力462ps/最大トルク600Nm、「GT S」で最高出力510ps/最大トルク650Nmを発生する。「GT S」の最大トルクは、6.2リッターV8を搭載していた「SLS AMG」と同じで、0-100km/h加速も3.8秒とイーブンだ。

この強大なパワーは、超軽量のカーボンファイバー製ドライブシャフトを介して、リアアクスルへと伝達される。前後重量配分は47:53。スポーツカーとしては理想的なバランスを獲得している。

ドライブモードは「Comfort」「Sport」「Sport+」「Individual(個別)」のほか、GT S専用としてサーキット走行に特化した「RACE」も用意される。

メルセデス・ベンツ ジャパンは同モデルの導入を機に、究極のハイパフォーマンスを追求する「メルセデスAMG」、究極のエクスクルーシブ性を追求する「メルセデス・マイバッハ」の両極をブランドとして独立させることも明らかにした。

(zlatan)

写真:メルセデス・ベンツ ジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング