メルセデス・ベンツ Sクラスにプラグイン・ハイブリット車を投入

IGNITE / 2014年8月24日 16時53分

写真

メルセデス・ベンツの最上級ラグジュアリー・サルーンであるSクラスに『S500プラグイン・ハイブリット』が加わった。パワーユニットは最高出力333ps、最大トルク480Nmを発生する3リッターV6ターボエンジンと、最高出力約115ps、最大トルク340Nmを発生するモーターを組み合わせた。このシステムの合計出力は最高出力約441ps、最大トルク650Nmになる。CO2排出量は65g/km。

100km走行するのに必要な燃料は2.8リッターと発表されているので、低燃費カーの目安である3リッターカーの称号を獲得したことになる。それでも0-100km/hは5.2秒という俊足ぶり。ちなみに、EVモードの走行距離は33kmだ。

日本でのSクラスのエントリーモデル『S400ハイブリット』と比較すると、パワーユニットは最高出力306ps、最大トルク370 Nmを発生する3.5リッターV6エンジンと最高出力27ps、最大トルク250 Nmを発生するモーターの組み合わせ。CO2排出量は147g/kmとなる。

大きなバッテリーはその容量を補うためにグリッド電源による充電に頼らなくてはならないが、より強力なモーターを搭載できるばかりでなく、CO2排出量の規制の面でも非常に有利なことが理解できるだろう。メルセデス・ベンツに限らず、今後ラグジュアリー・ブランドの多くはそのラインナップにプラグイン・ハイブリット車を追加していくことになる。

今のところ『S500プラグイン・ハイブリット』は欧州で先行販売されるようだが、日本への導入は未定だ。しかしながら、フラッグシップのプラグイン・ハイブリット車の導入はイメージ上もプラスに働くはず。それもSクラスとなれば特別な出来事に違いない。

The post メルセデス・ベンツ Sクラスにプラグイン・ハイブリット車を投入 appeared first on IGNITE(イグナイト).

IGNITE

トピックスRSS

ランキング