1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

レクサス「IS」が更に進化・・・新世代の2.0リッター直噴ターボを搭載

IGNITE / 2015年8月4日 21時36分

写真

レクサスが新世代の2.0リッター直噴ターボの導入を加速させる。

同エンジンはすでに「NX」で導入済み。さらに「RX」への展開も公表済みだが、今回初めてFR車の「IS」に設定した。上級セダンの「GS」やスポーツクーペの「RC」への展開も既定路線と言える。

ここでは8月3日に発売された「IS200t」をご紹介していこう。

「IS200t」が搭載する新世代の2.0リッター直噴ターボは、ツインスクロールターボと可変角を拡大したデュアルVVT-iWを組み合わせ、さらに最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用。

アクセル操作に対してリニアに反応し、低回転域から強力なトルクを放つ、スポーツマインドを刺激するエンジンだ。

具体的なスペックデータは、最高出力180ps/5,400rpm、最大トルク350Nm/1,650~4,400rpm。トランスミッションはレクサスが「スポーツダイレクトシフト(SPDS)」と呼ぶ、8速スピードSPDSを組み合わせている。

足回りもエンジン特性に合わせて強化。フロントサスペンションにパフォーマンスダンパーを標準装備し、よりシャープなハンドリングや高い操縦安定性を実現しているという。

今回の追加により、ISのラインナップは、2.5リッターV6の「IS250」、3.5リッターV6の「IS350」、ハイブリッドの「IS300h」、2.0リッターターボの「IS200t」とバラエティに富んだものとなる。とはいえ、今後の主力は「IS200t」が担うことになる。

価格は「IS200t」が454万4,000円、装備充実の「IS200t “version L”」が508万7,000円、「IS200t “F SPORT”」が509万2,000円。

(zlatan)

写真:トヨタ自動車

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください