京都のおもてなしに触れる上質な宿「祇園畑中」

IGNITE / 2015年8月31日 5時6分

写真

京都・八坂神社の門前町として栄えた祇園。今では、花街を中心に高級料亭や茶屋、スナックが密集し一大繁華街となっている。


今回は八坂神社の南楼門のすぐ傍らに建っている料亭旅館「祇園畑中」を紹介しよう。

旅館の前は大通りではないが、八坂神社への参拝の観光客の出入りや路地裏のカフェ、菓子輔目当てに散策する観光客があとを絶たない。

宿の入り口から中を覗くと、しっとりとした風情ある石段が玄関に通じている。足を踏み入れると、先ほどまでの雑踏が嘘のようにシンと静まり返っている。


祇園畑中では「市中の山居」をテーマにした閑寂の境地が広がっていた。

広いロビーラウンジは天井が高く、庭園を覗く窓は床に沿って横に長い。あえて開放的な窓にしていないところが気品のある落ち着いた空間となっている。


部屋に案内されると風情を感じる純和風のしつらえ。京都の伝統を重んじている様子がヒシと感じられる。

全室に高野槇の風呂が付いているが、地下に大浴場もある。温泉ではないが、八坂神社の清水(湧水)と同じ水源の地下水が使われているそうだ。なるほど、湯が心もち柔らかい気がするのも不思議ではない。

部屋出しの夕食は、本場の京会席料理だ。味も見た目も繊細で、盛り付けの器との調和が見事。素材に京野菜、季節のものが使われ、お造りも新鮮。

季節感あふれる料理の品々に、隠されたお出汁の美味しさに、いちいち感動してしまう。前評判で食事のすばらしさは聞いていたが、これは頷けるというものだろう。

こちらの旅館では、舞妓さんとのお座敷遊びも愉しめる。やんわりとした京言葉で話しかけられれば、なお一層お酒も美味しく感じられそうだ。

朝食の前に、ひと風呂浴びて作務衣でふらりと八坂神社の散策に出かけた。早朝の境内は人通りも少なく、空気が凛と感じられる。八坂神社のすぐ脇に建つ祇園畑中ならではの贅沢な時間をお裾分けしていただいた。

住所:京都府京都市東山区祇園 八坂神社南門前
電話:0120-041-814
サイト:市中の山居 祇園畑中

(小椚 萌香)

*祇園畑中 – 高級旅館・高級ホテルの予約ならrelux(リラックス)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング