44年ぶりのオープンエア! メルセデス・ベンツから新型「Sクラス カブリオレ」が登場

IGNITE / 2015年9月6日 5時6分

写真

実に44年の時を越え、メルセデス・ベンツ Sクラスで味わうオープンエアが帰ってくる。

現行Sクラスをベースとした4座オープン「Sクラス カブリオレ」が、9月15日のフランクフルトショーで世界デビューを飾るのだ。


Sクラス最後のカブリオレは、1971年のW111型だった。それから44年ぶりに復活した「Sクラス カブリオレ」は、現行Sクラスにとって第6のモデルに数えられ、これでSクラスファミリーの最後のピースが埋まった。

Sクラスファミリーが勢揃いした写真がこちら(下写真)。左下から時計回りに、「メルセデス-マイバッハ Sクラス」「Sクラス AMG 63 LWB」「Sクラス セダン」「メルセデス-マイバッハ S600 プルマン」「Sクラス クーペ」、そして今回の「Sクラス カブリオレ」だ。

「Sクラス カブリオレ」では、空力&遮音性能を向上させた新開発の電動ソフトトップを採用。ルーフの開閉に要する時間は20秒で、時速60km/hまでの速度であれば走りながらでも操作できる。

インテリアの装いはスポーティかつ豪華そのものだ。オープンモデルのインテリアは“外から見られる”ことも強く意識して開発されるが、さすがはメルセデス、どこから見ても溜息が漏れてしまいそうだ。

ソフトトップの色は、ブラック、ダークブルー、ダークレッド、ベージュが用意され、インテリアカラーとのコーディネートを楽しむことができる。

ベースグレードは、4.7リッターV8ターボに9速ATを組み合わせた「S500 カブリオレ」。最高出力455ps/最大トルク700Nmのパワーと、8.5L/100km(≒11.7km/L)の燃費を両立している。

なお、フランクフルトショーでは高性能版となる「S63 AMG 4マチック カブリオレ(最高出力585ps/最大トルク900Nm)」の世界デビューも予定されている。こちらはわずか3.9秒で、時速100km/hの風を感じることができる。

(zlatan)

写真:ダイムラーAG.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング