レクサスとANAがエグゼクティブに贈る極上のおもてなし「ANA&LEXUS CONNECTION」がスタート

IGNITE / 2015年10月9日 9時36分

写真

英国SKYTRAX社による格付けで、3年連続「5つ星エアライン」の評価を得ているANA。それ以外の様々な調査結果からも、エグゼクティブやビジネスパーソンから高く支持されていることが分かる。

そんなANAが国際線ファーストクラスの利用者に向け、さらなる「極上のおもてなし」を用意したことをご存知だろうか。

10月1日、ANAとレクサスという日本トップブランド同士のコラボレーションによって、グローバル基準のラグジュアリーコネクションサービス「ANA&LEXUS CONNECTION」が始まった。

この新サービスは、羽田空港の国内線と国際線ターミナル間をレクサス車で「おもてなし」することで、ファーストクラスを利用するエグゼクティブに、より快適でスムーズな旅を約束するもの。

ファーストクラスに相応しく、送迎車にはレクサスの最上級セダン「LS」と最上級SUV「LX」が選ばれている。グレードは「LS600h “version L”」「LS460 “FSPORT」「LX570」の3つ。いずれも1,000万円を超える高額モデルだ。

また、11月からは「LS」のカスタマイズセレクション「L-Select」で特別に仕立てた「Escape Journey」仕様も追加されるという。このモデルの室内は、ANAを連想させるブルーとホワイトでコーディネイトされている。

ファーストクラスを利用するエグゼクティブから歓迎されそうな新サービス。この「極上のおもてなし」を受ければ、旅の疲れを感じることもなく、目的地でもフレッシュな気分で過ごせることだろう。

(zlatan)

写真:ANA、LEXUS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング