アットホームな世界遺産・白川郷の合掌造りの宿「民宿 源作」

IGNITE / 2016年12月31日 19時0分

写真

日本で6件目の世界遺産に登録された「白川郷・五箇山の合掌造り集落」。

白川郷と五箇山の集落地帯に合掌造りの住居構造が残ったのは、地域が有数の豪雪地帯であるため、周囲との道路整備が遅れたためという。

合掌造りの家屋は現在も住居として使われているほか、展示場として見学できたり、食事処や喫茶など飲食店、民宿としても使用されている。

今回は白川郷の荻町集落のほぼ中央に位置する「民宿 源作」を紹介しよう。

宿に着くと、合掌造りの建物は想像以上に大きくて圧倒される。軒下には大きなツララが何本も伸びている。

客室は1階の畳の間を利用し、隣の部屋とは木の襖で仕切っただけという造り。テレビも冷蔵庫も置かれておらず、昔懐かしい民家そのものである。

宿のお風呂は早い時間に終了してしまうが、集落に温泉施設「白川郷の湯」があるのでそちらを利用してもよいだろう。

食事は囲炉裏のある広間に用意される。

地場の食材を使った手料理とともに飛騨牛の焼き物や川魚の塩焼き、天麩羅など予想外に豪華な食事内容である。

食事中は宿の主人が白川郷の歴史や合掌造りに関するよもやま話を聞かせてくれる。

食事が済んで部屋に戻ると布団が敷かれ、足元にはあんかが仕込まれていた。

隣の部屋の気遣いのある小声での会話もやがて聞こえなくなり、深々と降る雪のように眠り落ちてゆくのである。

暖かいおもてなしがチラチラと見え隠れするアットホームな宿であった。

白川郷荻町で毎年行われるライトアップは冬の季節の風物詩。

平成29(2017)年の白川郷のライトアップスケジュールは1月22日(日)、23日(月)、29日(日)、30日(月)、2月5日(日)、6日(月)の18時から19時30分。

展望台から見るライトアップされた雪景色は幻想的で一見の価値があるが、展望台へはマイカー規制、制限人数等があるので注意が必要だ。

【参考】世界遺産 飛騨白川郷 ライトアップサイト:http://lightup.asia/

【民宿 源作】
住所:岐阜県大野郡白川村荻町221
電話:0576-96-1176

(小椚萌香)

IGNITE

トピックスRSS

ランキング