1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

美しくて速くて快適! 新型「アウディR8スパイダー」が日本上陸

IGNITE / 2017年3月30日 7時0分

写真

クーペの発売から遅れること約1年、新型「アウディR8スパイダー」がいよいよ日本に上陸した。2世代目となる新型は約7年ぶりのフルモデルチェンジ。受注は3月28日から始まり、公道デビューは7月上旬になる見込みだ。

新型アウディR8スパイダーは先のクーペ同様、エアインテーク部にサイドブレードを装着することによって、エンジンをミッドに積んだ“特別なスポーツカー”であることを強調している。

油圧電動式ソフトトップの開閉時間は約20秒。50km/h以下であれば走行中でも開閉できるから、信号待ちで動作が完了しなくても、ソフトトップが中途半端な状態のまま走るといったマヌケなことにはならない。

標準装備のLEDマトリックスヘッドライトは、左右それぞれ37個、合計74個のLEDによる緻密な制御によって、対向車や前走車に直接当たる部分はロービームに自動的に切り替え、それ以外のゾーンはハイビームで視認性を確保する。

リアビューはクーペとは明らかに趣を異にするが、さらにLEDリアコンビネーションライト間のアウディバッチ部分をハニカムグリルとして、一味違う表情を演出している。

バーチャル・コックピットを標準装備したインテリアは、基本的にクーペと同じ。ソフトトップの開閉スイッチは、アウディコネクト・ダイヤルの後方に備わる。

ハイライトはやはり自然吸気かつ高回転型の5.2リッターV10エンジンだ。最高出力540ps/最大トルク540Nmの強力なパワー&トルクは、7速Sトロニックとクワトロ(フルタイム4WD)を介して、確実に路面へと伝えられる。

一方で、低負荷時に片バンクを休止させるCOD(シリンダー・オン・デマンド)やアクセルオフ時のコースティングモードなども備え、効率と燃費向上も図っている。

価格は、クーペから162万円高の2,618万円。ちなみに610psを発生する「V10 plus」はクーペにのみラインナップされる。

今年の桜には間に合わないものの、来たる夏の夜にはこんなクルマで爽快なオープンドライブを楽しんでみたいものだ。

(zlatan)

画像元:アウディジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください