1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

「アウディA5/S5」がフルモデルチェンジ! FWDモデルは546万円から

IGNITE / 2017年4月6日 19時0分

写真

アウディの記事が続いて申し訳ない気もするが、それだけアウディの新車攻勢がスゴイと思って許していただきたい。

R8スパイダー、TT RS、RS3セダンという“アウディスポーツ”に続き、今度は第2世代となる新型「A5/S5」の受注がスタートした。都内で開催された発表会では、A5シリーズが持つエレガンスや肉体美をアピールするパフォーマンスも披露された。

2ドアの「クーペ」、4ドアクーペの「スポーツバック」、そして電動開閉式ソフトトップの「カブリオレ」という3つのボディバリエーションを揃える新型A5/S5。クーペは9年ぶり、スポーツバックは7年ぶり、カブリオレは8年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

先代モデルの販売実績では実用性に優れるスポーツバックが80%を占めているものの、クーペやカブリオレも“美”という観点では負けず劣らず。むしろ、デザインへのこだわりが強い方や夫婦だけの生活を楽しんでいる方などから積極的に選ばれているのだろう。

その一方、今回から新たに追加された「FWD(前輪駆動)」は、スポーツバックにのみ設定。スタート価格は546万円で、クワトロに比べると値段もこなれることから、販売の中心はますますスポーツバックになりそうだ。

そのFWDと組み合わされるのは、いずれも新開発の2.0L直噴ターボと7速Sトロニック(デュアルクラッチ)。最高出力190ps/最大トルク320Nmを発生しながら、燃費も17.5km/Lと良好な数値をマークしている。

パワートレーンは他に、クワトロと組み合わせる出力違いの2.0L直噴ターボ(252ps/370Nm)、より高性能なSモデル用の3.0L V6ツインスクロールターボ(354ps/500Nm)+8速ATが選べる。

エクステリアは長くなったホイールベースと短くなった前後オーバーハングを活かし、よりドラマティックに描き出されている。とくに先代から引き継ぐウェイブ状に流れるショルダーラインが、優美かつ力強いキャラクターを如実に語っている。

インテリアは、宙に浮いているように見える水平基調のインパネやどっしりとしたシフトレバーが印象的な新世代アウディの装い。スポーツシートも今回を機にゼロから開発された自信作のようだ。

■グレードおよび価格
A5 スポーツバック 2.0 TFSI=546万円
A5 スポーツバック 2.0 TFSI sport=603万円
A5 スポーツバック 2.0 TFSI クワトロ sport=686万円
S5 スポーツバック=913万円

A5 クーペ 2.0 TFSI クワトロ sport=686万円
S5 クーペ=913万円

A5 カブリオレ 2.0 TFSI クワトロ sport=757万円
S5 カブリオレ=998万円

(zlatan)

画像元:アウディジャパン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください