スマホ向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」開局イベントレポート

インフォシーク / 2012年4月13日 14時0分

NOTTVで4月2日から始まった新番組「AKB48のあんた、誰?」を担当するAKB48の片山陽加さん、中塚智実さん、北原里英さん、横山由依さん

 スマートフォン向け新放送「NOTTV」が4月1日に開局した。NOTTVでは開局を記念し、同日開局記念セレモニーを開催。開局記念セレモニーには、特別ゲストとしてNOTTVで番組を持つAKB48のメンバーが登場、番組への意気込みなどを語った。

 日本初のスマートフォン向け放送局「NOTTV」は、3つのチャンネルで構成、月額サービス利用料は420円(税込)。スマホやタブレット型の対応機種にドラマやスポーツ、独自制作した情報番組などを放送している。対応機種 は、4月1日現在、NTTドコモ対応の「AQUOS PHONE SH-06D」と「MEDIAS TAB N-06D」の2機種となっている。

 まずは、3月31日から4月1日まで幕張メッセで開催された「アニメコンテンツエキスポ 2012」の会場の様子を紹介。同会場のNOTTVブースより中継を行い、3月13日に発表されたばかりのヱヴァンゲリヲンスマホ「AQUOS PHONE SH-06D NERV」(今秋公開予定の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」コラボレーション端末)の試作機を紹介した。

 続いて行われたセレモニーの挨拶でmmbiの二木治成社長は「テレビを超えるテレビを目指す。メディアの世界に一石を投じられたらと思う。これから大きく育てていきたい」と語った。ジャパン・モバイルキャスティング(モバキャス)の永松則行社長は「現在は2端末だが、今後対応端末を増やしていく。また放送エリアも順次拡大する。サービス開始時の送信所数は13局だが、今年度中には倍の25局まで拡大する」と、目標を語った。

 また、セレモニーには、4月2日から始まった新番組「AKB48のあんた、誰?」を担当するAKB48の片山陽加さん、中塚智実さん、北原里英さん、横山由依さんの4人が駆けつけ、メンバーを代表して挨拶した片山さんは「生ならではのハプニングや、メンバーの素の姿をお届けしたい。いろんなメンバーの化学反応で番組を面白くしていきたい」と、新番組への意気込みを語った。同番組は、日替わりでメンバーが登場し、さまざまな企画に挑戦しながらそれぞれの個性をアピールしていく。放送日時は月曜日~金曜日の17:00~18:00、「AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA」より公開生中継している。

 その後、番組「スマホのトリセツ」より、MCのAMEMIYAと福田萌が登場。番組にまつわるトークの後、AMEMIYAが「スマホのトリセツ」にちなんだ歌ネタを披露した。「スマホのトリセツ」は、スマホユーザーがアプリにもっと詳しくなれる番組。これに続いて「NOTTV開局記念!ファミ通TVスペシャル モンスターハンター3(トライ)G決戦!」がイベントステージより公開生放送された。ゲーム画面を大型モニターに映し、ステージ上で出演メンバーが実際にプレイ。二人一組でモンスターを倒すまでのタイムを競い合った。

 ついに開局したスマホ向け放送局「NOTTV」、対応機種も増えて放送エリアも拡大する新しいカタチのTVに、今後も目が離せない。

リンク:スマホ向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」>>

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング