ある仮面ライダーのオープニングが、あまりにも前衛的で驚いた。

インフォシーク / 2012年6月12日 14時0分

BLACK RXはステーキ屋も営んでいる。いつか行ってみたい。(主演の倉田てつをさん)

仮面ライダーの記事を、常にバカ視点バンザイで好き勝手にシェー!っと書かせていただいている。そんなことをしていると恐ろしいこともあるもので、なんと読者様からメッセージが来るようになった。さすがにうれしいわけだが、その内容ったら「応援してます」とか「眠れません、抱いてください BY 人妻」のような甘いものではなく、仮面ライダーネタのマニアックなタレこみが主だ。感謝の気持ちでいっぱいだが、マニアック過ぎて使えないことが多い。今回いただいたタレこみは、これだった。

「仮面ライダーBLACK RXのオープニングがダサすぎます」

…誰が知ってるんだ、これ。読者が求めているのは絶賛放映中のフォーゼや、ライダーの始祖である1号2号あたりのネタだ。BLACK RX…いつ放映していた仮面ライダーなのか、一般の方はみんな記憶が定かでないだろう。私が知っているのも、主役の倉田てつをさんが俳優業と掛け持ちで、江東区でステーキ屋のオーナーをやっていることくらいだ。使えないだろうな、このネタ…。

また、今回のネタの肝となっている「映像がダサい」というのも、正直わかる話だ。はっきりと時代が違うのだから、致し方ない。仮面ライダーV3のオープニングで、颯爽と走るV3のバイクの側面に、思いっきり「SUZUKI」とバイクメーカーのロゴが入っていたりするのも、時代が違うからなのだ。V3のバイクは時速600キロで走る。ということはSUZUKIは、そんな昔から中国の新幹線よりも早いバイクを開発していたことになるが、そんな矛盾はどうでもいいのだ。すべては時代である。

と言いつつ気になったので、そそくさとBLACK RXのオープニングを見てみたのである。

…見た。ビックリした。そうか、そうだったのか。これは、

ダサすぎる…。

今、絶賛放映中の、仮面ライダーフォーゼのオープニングは、テーマが「宇宙」ということで星がきらめく宇宙のカットから月面にカメラフレームが移り、音楽とシャウト気味に入る土屋アンナの歌声に合わせて勢いよく、タイトル、次々と登場人物、と紹介されていく。リズミカルな流れに、さらに変身したフォーゼや悪玉の怪人たちの映像も流れていき、テーマとストーリーが多少理解できる。今どきのプロモーションビデオのような小気味よさからも、かなり好感が持てる代物だ。

さて、仮面ライダーBLACK RXだ。

どんより曇り空。地平線が広がる地面。張りついたアスファルトの道。ずいぶんと遠くから、仮面ライダーBLACK RXがバイクに乗って走ってくる。小さい、小さすぎる。だが走ってくる。走ってくる。走ってくる。

終了。

えぇ?! 終了?! ホ、ホントか?!ちょっと待ってくれBLACK RX! 走っただけか!

わかるだろうか、この違和感。時代という言葉では片づけられない、前衛的なスタイル。

昔、一緒に働いていた職場の先輩に、会議中は一切発言をしない方がいた。ある日、私が会議の司会になったので、その先輩に意見を求めてみた。
「この件、どう思われますか?」
先輩は答えた。
「どうでもいいんだよ」
会議は終わった。この潔さである。「どうでもいいんだよ」。全てを終わらせる究極の断じ方。これが仮面ライダーBLACK RXのオープニングである。

BLACK RX…走るだけ。それ以上は…どうでもいいんだよ。

勇気を持って付け加えると、ただ走るだけなのにカット割りに違和感を覚えたのは、気のせいか。カメラを固定して、走ってくるBLACK RXのバイクを引きで映していたかと思ったら、突然BLACK RXと一緒にカメラが走り出してしまうのだ。動と静のバランスはどこへ行ってしまったのか。しかもこのカメラの走る速度に、BLACK RXのバイクはなかなか追いつかないのである。ぜ、前衛的すぎる…。

まぁ、これも時代なのである。そんな時代があってこその、ライダー40周年記念作品・仮面ライダーフォーゼである。確信した。フォーゼの映像は最先端のクオリティだ。さすが東映。

仮面ライダーフォーゼも、とうとう第39話(6月10日)まで到達した。8~9月頃が最終話と思われるので、そろそろストーリーもクライマックスに向けて、大きくアクセルを踏みこむ頃だろう。

最先端のクオリティを誇る仮面ライダーフォーゼ、ちょっと見てみてはいかがだろうか。そしてKさん、ネタの提供ありがとうございます。一本、書きあげてしまいました。

ガッケンター
1973年1月生まれ。芸術家。ライター。芸術活動のかたわら、仲間と協力してゆるゆる映画応援サイト「ガッケンターサイト」の運営や、映画監督や俳優もゲスト出演する「ガッケンターTV」(インターネット)の製作をしている。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング