世界で最もアクセスの多いWebサイトは?【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年6月20日 13時31分

最もアクセスの多いWebサイトを示す地図(出典:Webempires)

世界で最もアクセスされることの多いWebサイトはどこだろうか?こう聞かれれば、大半の人は米国「Google」か米国「Facebook」だと答えるだろう。だが、国によってはそうではないところもあるようだ。Webデザイナーや開発者によるチームWebempiresが、世界各国の、最もアクセスの多いWebサイトをまとめた世界地図を作成し、公表した。

この地図を見れば、多くの国でGoogleが最もアクセスの多いWebサイトであることがわかる。Facebookは意外に苦戦しており、北米でも、また欧州でもほとんどの国でGoogleに敗れている。だが、アフリカの国々においては、Facebookは人気が高いようだ。

全体的には、米国企業の提供するWebサイトが強いという傾向が見て取れる。だが、アジアでは若干様相が異なるようだ。ロシアでは「Yandex」検索エンジンが圧倒的な強さを誇っている。また、中国では「Baidu(百度)」が1位となっている。

Webempiresは、日本で「Yahoo!」が1位であることに驚いている。米国ではYahoo!は忘れ去られつつある存在であるし、世界的に見てもYahoo!へのアクセスは15位に留まっているからだ。Webempiresは「Japanese really love Yahoo(日本人は Yahoo が本当に好きだ)」と書いている。Yahoo!が1位になったのは、日本の他ではアフリカのカメルーンなど数か国だけだった。

関連記事
「なめこ」の iPhone ケース全37種が予約販売 -- 第1弾は10種類
ソーシャルメディア時代のダッシュボード「LEFTRONIC」
Wikipedia で最も利用されている言語は?

※この記事及び画像は、japan.internet.comより転載の許可を得て掲載しています。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング