仕事をしながら歩けるコンピューターデスク付きのルームランナー「TR1200-DT TREADMILL DESK」【インターネットコム】

インフォシーク / 2012年9月28日 16時1分

コンピューターデスク付きのルームランナー(トレッドミル)「TR1200-DT TREADMILL DESK」

ジムの会員になったのに、忙しくてジムに通う時間が無いという人は多いだろう。米国 LifeSpan は、そんな人の悩みを解消する、仕事をしながら歩けるコンピューターデスク付きのルームランナー(トレッドミル)「TR1200-DT TREADMILL DESK」を販売している。価格は1,999ドル。

TR1200-DT は、本格的なコンピューターデスクを備えたトレッドミル。デスクは、PC、モニター、キーボード、プリンター、電話など、日常業務を行うための機器をすべて配置できる強度と広さを備えている。

デスクには、トレッドミルを管理するコントローラーが付属する。このコントローラーでは、歩数、消費カロリー、目標までの残りの距離などが表示できる他、歩行速度を指定することができる。トレッドミルは、最大で6時間までの連続使用が可能だという。

トレッドミルのサイズは長さ1.88x幅1.25m で、コンピューターデスクのサイズは幅1.18x奥行0.78m。トレッドミル部分は、使わないときにはコンパクトに折りたたんで収納することも可能だ。

この製品を見ると、なぜ仕事中にまで歩きたいのか、という疑問が浮かんでしまう。だが、この製品に対する利用者からの評価はとても高い。例えば、オンラインショップなどでは、次のようなコメントが書き込まれている。

「他社のトレッドミルには、暇つぶしのための様々な機能が付いている。ケーブルテレビが視聴できるものもあれば、走る速度に合わせて画面の景色が変化していくものもある。だが、私はどれもすぐに飽きてしまった。そんなものを見せられるくらいなら、仕事をしていた方がましだ。仕事に疲れたら Web を見て楽しむこともできる」

残念ながら、日本への配送はできないそうだ。

この記事のその他の写真などはこちら

関連記事
ペダルもチェーンもサドルもない自転車「FLIZ」
自動車の排気ガスを利用して肉を焼けるエコな調理器具「Exhaust Burger」
ビルの隙間に建てた(入れた?)世界で一番細い家「Keret House」、10月中旬に完成

※この記事及び画像は、japan.internet.comより転載の許可を得て掲載しています。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング