1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. その他

八木さおりに、苦い青春を見た。仮面ライダーウィザード。

インフォシーク / 2012年10月23日 18時0分

1985年ミスマガジン・グランプリ 八木さおりさん

ずっと忘れていたのに、突如思い出す記憶というのがある。それは友達の言葉だったり、風景だったり、恥ずかしい出来事だったりする。

私は中学一年生のとき、太い学生ズボンに手をつっこんでいきりながら歩いていて、ウンコをもらしたことがある。先日、突如思い出して、青春の苦味を久しぶりに噛み締めたばかりだ。

いや、ビックリしたのだ。何がって突然だが、仮面ライダーウィザード第8話(10月21日放映)である。

今回は小学生の男の子が悪者に狙われるわけだが、今日は話を飛ばそう。この男の子のお母さんに驚いたのだ。

TV画面に映って、ふと、あれ、あれ、あれ‥えぇーーーーー?!

もしかして、このお母さん‥八木さおり‥!!!

いや、ビックリした、八木さおりさんでした。元バリバリのアイドルです。知ってますかね。随分変わったな、そりゃそうか、そして‥そうか、お母さん役なのか。

年齢的に全然おかしくないし、ビジュアル的にもお母さんだった。演技も上手かった。

ただ、ただね、八木さおりって、私が中学生の頃とか、よく月刊少年マガジンに載ってましたよ。グラビアで。うわぁ、よく覚えていますよ、当時私、ひとまずこういうときはやっておくべきかと思って、彼女のレコードのプレゼントに応募したことありますよ。なぜか福永恵規のレコードが送られてきましたが。

人生にはれっきとした青春時代があり、油断しているとあっという間におっさんおばさん方向へ流れていく。そんなことを、八木さおりのとっくにアイドルではないビジュアルに感じたのである。

それは悪い意味ではなくて、なぜか嬉しかったのだ。

私たちがおっさんになるくらい月日が流れたのに、今でもしっかりと芸能界で生きている彼女に「希望」をもらったような気がしたのだ。

再三述べているが、仮面ライダーウィザードは「希望」の話だ。第8話では、主役が交通遺児であることが明かされ、両親は病院のベットから当時小学生の主役の手を握り「あなたが生きていてくれていることが、希望」と告げて亡くなったことが判明した。

だからこそ主役は、大人になった今でも両親の「希望」であり続けるため、前を向いているのである。

人はいつまで、何かを諦めないでいられるものなのだろうか。

小学生のときに「小説家になりたい」と言って、クラスの発表会ではいつも面白い脚本を書いていたアイツとか、中学生のときに野球で高校へ行くのが決まって、明日が見えずダラダラ過ごしている私たちを尻目に毎日走り込んでいたアイツとか、高校のときに「バンドでプロを目指す」と告げて、髪型を「卍」型に刈って高校に来なくなったアイツとか。

まだ何かを諦めずにいるのだろうか。

八木さおりさん、応援したいですね。自分たちのあの頃見た夢や喜びや悔しさを含めて。

ガッケンター
1973年1月生まれ。芸術家。ライター。芸術活動のかたわら、仲間と協力してゆるゆる映画応援サイト「 ガッケンターサイト」の運営や、映画監督や俳優もゲスト出演する「ガッケンターTV」(インターネット)の製作をしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング