東京の新生活者の弾け方 ~1分でわかる大阪人の言い分~

インフォシーク / 2013年3月27日 17時30分

大阪の繁華街と東京の繁華街は春に違いが出る

4月。新社会人や新入学生が各地から東京へ大移動する季節が今年もやってくる。

今さっき東京に着いたことを教えてくれる気合いの入ったファッションに身を包んだ青さは見慣れた風景の中に4月の訪れを感じさせる。

渋谷・文化村通りでは手前のサーティワンアイスクリームから向こうのSHIBUYA109、そしてファッション雑誌から飛び出してきたような美人へと目移りが激しく、上上下下左右左右BAと隠しコマンドを出す勢いで頭を振り回しながら挙動不審に歩く姿を見ると、人はこうして大きく育っていくのかと気付く。何事も第一歩はダサい。

そんな“新東京人たち”は自分が上京したてだった頃を思い出させてくれる。

「俺って野暮ったいなあ」とくたくたのスウェットを脱ぎ捨てたあの頃を蘇らせてくれる新東京人はそのどれもがピュアで、上京10年目になる私にはとてもかわいらしく映る。

よくある風景としておしゃれインテリアショップが挙げられる。手製の買い物リストを宝の地図のように握りしめながら歩き回る姿。その行動パターンは広告塔のように毎年誰かが繰り返している。タオルやゴミ箱が並ぶバスグッズのフロアでは決まって濛々と舞い上がるアロマの香りに立ち止まる。ベッドとテレビの間を埋める小さなテーブルを買いに来たはずなのにアロマは東京でおしゃれに暮らしていくことを決意する狼煙に見えるのだろう。

「オッチャンが買うたろか?」とピンクの卓袱台ごと財布を広げたくなるよう幼気さに心が揺れる。

だがしかし、そして青青とした頼りなさのある新東京人が4月の中旬くらいだろうか、一変する。

それは繁華な駅前には「○○サークル」「○○同好会」と書かれたプラカードに群がる新歓コンパの集団と化す頃。待ち合わせ場所は集団集団がなぜか同じ場所で集い、人数が多い方がイケてる!と競い合っているように人の渦が大きくなっていく。そして深夜にはあっちでゲーゲーこっちでゲーゲーと飲み過ぎた若者がゾンビと化して倒れている。

そういえば両サイドから肩を組まれて千鳥足ってサラリーマンの親父としてよく真似されているが新入生しか見たことがない。そんなことより未成年者の飲酒は犯罪ですが。

私にも似た時代はあったが、東京と大きく違うのは都心で大集合して朝まで大暴れ!周りの目なぞ気にしない!なんていう迷惑な光景は見なかった。私が通っていた大学は郡部だったせいか歓迎会会場は川沿いが多かったが、都市部に通う大学生であっても渋谷や新宿や下北沢で見かける春の醜態を心斎橋や梅田で見たことはない。

大阪と比べて新生活者の数が多いというのは理由にならない。なぜなら大阪にはそういった若者に渇を入れてきそうな怖いおっさんがどこにでもいるためもともと調子に乗れない場所なのだろう。新東京人は誰も注意してこないことをいい気になっているに違いない。東京人はいい加減にしろと怒るべきなのだ。

そして5月、6月ともなればまた風景が変わる。照れ顔で新歓コンパに参加していたその場所でナンパに興じ始めるのだ。

ただでさえ人混みのスクランブル交差点で女!女!のシュプレヒコールは絶えず、やかましいなあと逃げ込むようにTSUTAYAへ入ると「お姉さん、僕と一緒に観ない?」と所構わずな少年にぶつかる。上擦った標準語と不釣り合いなBボーイファッションが未熟さを漂わせる。海外ドラマコーナーをナンパ会場にするのも若さゆえなのだろう。

相手にされず帰っていく少年の背中に「そりゃ無理やろ」と心の声を送りながらお姉さんを見るとやけに美人で「なんか、春ですねえ」と言葉を発すと思い切り無視されたあの春を忘れない。

鹿タカシ
しかたかし ライター・コピーライター・歌い手(バンド活動休止中)。大阪生まれ。大阪芸術大学にて写真を専攻した後に上京しなぜかコピーライターとなって約10年。現在は都内広告プロダクションに勤務しながら、大阪人からみた東京、また東京在住の人からみた大阪人について研究。

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング