未来のスター選手誕生の瞬間を!「プロ野球ドラフト会議2015」注目選手は彼らだ!

インフォシーク / 2015年10月22日 12時0分

未来のスター選手誕生の瞬間を!「プロ野球ドラフト会議2015」注目選手は彼らだ!

毎年、数々のドラマを生み出しているプロ野球ドラフト会議。今年は10月22日17時から行われる。インフォシークニュースでも「ドラフト会議特集」を開設し、当日速報でいち早く将来のスター選手誕生の瞬間をお伝えする予定だが、まずはここで主なドラフト上位候補選手を紹介してみよう。

昨年、4球団の1位指名を受けた有原航平(早稲田大→日本ハム)のような傑出した存在は今年は見当たらないが、高校・大学に逸材が多く揃っており、どの球団も1位指名に頭を悩ませているようだ。そんな中、12球団で唯一楽天が平沢大河内野手(仙台育英)の1位指名を明言している。

「アタマ(1位)は決まっとる。平沢や」とチーム編成の全権を握る星野仙一球団副会長がホレ込む平沢は、今夏の甲子園で3本の本塁打を放ち準優勝に導き、U18ワールドカップでもクリンナップを担った、走攻守揃った遊撃手。星野氏は中日時代に自らドラフトで引き当てた立浪和義をイメージしているようで、自ら視察に行くほど高く評価している。「打てる遊撃手」はどの球団も喉から手が出るほど欲しいために複数競合も予想されるが、楽天は過去に田中将大(2006・4球団)を始めとして長谷部康平(2007・5球団)、森雄大(2012・2球団)、松井裕樹(2013・5球団)、安楽智大(2014・2球団)と複数指名でのくじ引きにめっぽう強い。今回も立花陽三球団社長の"ゴッドハンド"が炸裂するか?

平沢と同じく今年の甲子園を沸かせた高校生の注目選手を上げると小笠原慎之介投手(東海大相模)が筆頭か。最速151キロの左腕は、甲子園では自ら決勝打を放ち優勝を決めた。150キロを投げる高校生左腕は貴重なだけに、ドラフト1位は間違いないだろう。

この夏、甲子園で最も衝撃を与えたと言っていいのがオコエ瑠偉外野手(関東一)だろう。ナイジェリア人とのハーフで、内野強襲の当たりを二塁打にしてしまう驚異的な俊足をはじめとする抜群の身体能力でファンや関係者の度肝を抜いた。技術は荒削りだが、複数球団が上位指名との情報もあり、注目の1人だろう。

この夏の甲子園には出なかったが、一位、それでも複数球団の指名と言われているのが高橋純平投手(県岐阜商業)だ。今春のセンバツではベスト8。最速152キロとも言われる本格派右腕は、プロのスカウトの間でも「別格」の評価を受けている。地元と言っていい中日や毎年強気の指名をする日ハムなどが狙っている。

即戦力が期待される大学生組では、東京六大学の安打記録を48年ぶりに塗り替えた高山俊外野手(明大)の評価が高い。走攻守に加え選球眼と身体能力の高さにもあるリードオフマンは、ヤクルトなどに1位指名の可能性がある。

投手ではリーグでは36イニング連続無失点を記録した熊原健人(仙台大)、多彩な変化球を使い分ける今永昇太(駒澤大)、伸びのある速球が魅力の多和田真三郎(富士大)らはいずれも1位指名が予想される。

ドラフト会議特集ページでは、彼ら以外にも注目選手のデータも豊富に用意しているので、17時の開始までに、予習で目を通しておいて欲しい。またドラフト会議当日の各球団の指名状況を、リアルタイムでお届けするのでお楽しみに。

プロ野球ドラフト会議 特集ページはこちら>>

インフォシーク

トピックスRSS

ランキング