【ドライブで行く】千葉の人気観光スポット~海岸線を走れ!千葉ドライブは海沿いで♪~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年6月3日 9時0分

写真

【ドライブで行く】千葉の人気観光スポット~海岸線を走れ!千葉ドライブは海沿いで♪~

千葉の人気観光スポットを3カ所取り上げてみた


千葉県の房総半島には、関東圏随一の海岸線ドライブルートがある。
富津岬の先、浦賀水道に面した海岸線を走る「内房なぎさライン」、半島の先端をぐるっと回る「房総フラワーライン」、雄大な太平洋を望む「外房黒潮ライン」、どこまでも続くような砂浜に沿った「九十九里ビーチライン」、県最東端の銚子市へと走る「犬吠埼ドーバーライン」。
すごい数…

これらの海岸沿いでは、変化に富んだ地形や、温暖な気候ならではの植生がドライブに花を添える。

今回は、これら海岸沿いにある3つの観光スポットをご紹介!
いずれも個性的な魅力でドライバーを迎えてくれる。

沖ノ島(千葉県館山市)


房総半島や三浦半島はもともと太平洋プレート上にあり、本州とは離れていたが、フィリピン海プレートの北上に伴って本州にぶつかった、という経緯はよく知られている。
半島部分にダイナミックな地形変動の痕跡がよく見られるのはそのせいだ。

館山市の「沖ノ島」は、かつて海岸線から離れた島だったが、1923年の関東大震災によって約2mも地盤が隆起し、その後海から運ばれてきた砂が堆積することで、陸つなぎとなった。

今では北限域のサンゴなど貴重な自然が残る観光スポットだ。
ビーチコーミングで様々な貝殻を探したり、隆起の歴史が残る地層を目の当たりにできる。
沖ノ島(千葉県館山市)
夏には海水浴や磯遊びを目的に多くの人が訪れる。遠くに富士山を望む夕日も美しい。


・アクセス
館山自動車道→富津館山自動車道→富浦IC→内房なぎさライン→自衛隊前交差点右折

・営業日
無休

・営業時間
24時間

・駐車場
島に渡る手前に駐車スペースあり(無料)

・住所
千葉県館山市富士見

・URL
館山市観光協会 http://www.tateyamacity.com/

鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)


海の王者とも称されるシャチのパフォーマンスで有名な「鴨川シーワールド」。
環境一体型展示施設で、11,000点を超える海や川の生き物が飼育展示されている。
シャチを始めイルカ、アシカ、ベルーガたちが、それぞれの独立したスタジアム・シアターで行うパフォーマンスは必見。

ロッキーワールド、ポーラーアドベンチャーなどに分かれた水族館エリアでは、自然環境が再現された環境下で魚たちが待ち構える。

シャチの姿を見ながら食事ができるレストラン「オーシャン」や、南の国キリバス共和国をイメージしたフードコート「マウリ」、バイキングレストラン「サンクルーズ」など、どこも美味しそうで、どこに行くか迷ってしまうだろう。
鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)
《写真提供》鴨川シーワールド
太平洋を背景にした4,800㎥の大水槽で繰り広げられるシャチの大迫力スーパーアトラクションは圧巻。


・アクセス
館山自動車道君津IC→房総スカイライン→鴨川有料道路→県道24号線→外房黒潮ライン

・開館日
メンテナンス休館あり(HPで確認のこと)

・開園時間
9:00~17:00
休日や季節により変更あり(HPで確認のこと)

・駐車場
1,000台
1日1,000円

・住所
千葉県鴨川市東町1464-18

・URL
鴨川シーワールド http://www.kamogawa-seaworld.jp/

地球の丸く見える丘展望館(千葉県銚子市)


「地球は丸い」ということは誰もが知っていること。
それでも、丸い地球を実感することは普段なかなかないのでは?

千葉県東端・銚子市一番の高所、標高約90mの愛宕山頂上にある「地球の丸く見える丘展望館」屋上展望スペースからは、「地球が丸い!!」と確かに実感できる、緩やかにたわんだ水平線が見える! 
360°の大パノラマのうち330°までが水平線。
晴れた日には日没まで開館時間が延長されるので、沈みゆく夕日をゆっくりと楽しみたい。

眼下に望む犬吠埼灯台は、1874(明治7)年から休むことなく海の安全を守り、世界各国の歴史的に重要な灯台100選にも選ばれた。

荒々しい岩肌の中に直立する白い灯台は、青い空によく映え、99段の螺旋階段を上った先から見える眺望は、「地球の丸く見える丘展望館」からの景色とはまた別もの。

それぞれの風景を是非とも見比べてみてほしい。
地球の丸く見える丘展望館(千葉県銚子市)
《写真提供》地球の丸く見える丘展望館
「東洋のドーバー」と呼ばれる、屏風ヶ浦にある十数基の風力発電風車の光景も美しい。


・アクセス
東関東自動車道潮来IC→国道124号線→銚子ドーバーライン

・休館日
年中無休

・開館時間
9:00~18:30(10月~3月は17:00まで)
サンセットタイム実施:晴天時は日没まで開館時間延長

・駐車場
126台(無料)

・住所
千葉県銚子市天王台1421-1

・URL
地球の丸く見える丘展望館 http://www.choshikanko.com/tenbokan/

最後に


千葉は海岸線の宝庫と言っていい。
そして、海岸線を走るには、ドライブが一番だ。
気になる場所があれば、気軽に駐車場に車を入れて、散策してみよう!

車をおりて、潮風に吹かれながら、のんびりと自由気ままに歩いてみるのもオススメだ。
家族連れでもデートでも、たまには一人で行くのもいい。

それぞれのストーリーで様々な楽しみ方ができるはず。

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ │ 楽天 保険一括見積もり

トピックスRSS

ランキング