【ドライブで行く】北海道の人気観光スポット~寒さも吹っ飛ぶ、壮大すぎる北の大地~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年1月8日 9時0分

写真

【ドライブで行く】北海道の人気観光スポット~寒さも吹っ飛ぶ、壮大すぎる北の大地~

北海道の人気観光スポットを3カ所取り上げてみた


ドライブ好きなら誰しも、一度は走ってみたい憧れの北の大地、北海道。

どこまでも続く大地を真っすぐに貫く道、一面の花畑を走り抜ける道、大自然が残るオホーツク海に沿って走る道、どこを走っても魅力的なドライブになることはほぼ間違いない。

また、札幌の街を見下ろす丘、函館の夜景など、テレビや写真でしか目にしたことがない憧れの光景を楽しむドライブもオススメ。
土地が広大なだけあって、高速道路も充実していて走りやすい。
ただ、道民以外にとってマイカーでのドライブはハードルが少々高いので、レンタカーを活用して気軽に訪れてみてほしい。


天に続く道(北海道斜里町)


北海道の面積は約83,400平方kmと、全国でダントツのトップ。
道内には、その広大な土地を走る、ひたすら真っすぐな道が多い。

一直線区間で有名なものとしては、猿払村の海沿いを走る「エサヌカ線」、上富良野町のアップダウンが激しい「ジェットコースターの路」などがあるが、ここでは知床の斜里町にある「天に続く道」を紹介したい。

斜里町の峰浜から、国道334号線と244号線の直線区間が約18kmも続き、壮大な前後左右の景色は鳥肌もの。
また少し走ると、手作りらしき展望台があり、ゆっくりと景色を楽しめる。

道路の遥か先に夕日が沈むタイミングに遭遇すれば、まさに天に続いているような神秘的な光景に出会える。


《写真提供》知床斜里町観光協会’s Gallery
目の前に広がる景色を感動的に味わうには、ウナベツスキー場方面から目的地へ。なお冬季は、降り積もった雪の除雪作業はされないため通行不可となる。



・アクセス
女満別空港→国道39号線→道道490号線→国道244号線→国道334号線

・営業日
無休

・営業時間
24時間

・駐車場
なし

・URL
知床 斜里町観光協会 http://www.shiretoko.asia/
・住所
北海道斜里郡斜里町峰浜



函館山夜景(北海道函館市)


香港やナポリと共に、世界三大夜景として名高い函館山の夜景は、標高334mから眼下に広がる宝石が散りばめられたような景色を楽しめる、北海道を代表する観光ビューポイントだ。
津軽海峡に突き出た地形と、扇形の函館市街が織り成す大パノラマを心ゆくまで堪能したい。

ただし、人気観光地だけあって車でのアクセスは難しく、駐車場も小さいために長蛇の列ができてしまう。
また、混雑回避のため、ハイシーズンには時間を区切って登山道が通行禁止となる(年によって規制期間や時間が異なるのでHPなどでの確認は必須)。
概ね規制解除となる22時以降に訪れるか、麓からロープウェイを利用して展望台まで登ろう。


左が函館湾、右が津軽海峡へと続く海。函館市には眺望を邪魔する大きな建物がないのがいい。昼間の眺望も素晴らしいので、可能であれば昼夜の2度、その絶景を味わってみたい。



・アクセス
道央自動車道大沼公園下りる→国道5号線→国道279号線→道道675号線

・定休日
無休

・営業時間
24時間

・駐車場
23台

・URL
函館・南北海道 観光ガイド http://hakodate-kankou.com/
・住所
北海道函館市元町19-7



羊ヶ丘展望台(北海道札幌市)


北海道ではどうしてもロングドライブを想像してしまうが、実は札幌市内でも十分にドライブ観光が楽しめる。
東京ほどの渋滞はないうえ、道路も碁盤の目状になっていて走りやすく、駐車場も多くて困らないのだ。

代表的な観光スポットとしては、噴水が人気の「モエレ沼公園」、函館を凌ぐとも言われる「もいわ山展望台」からの夜景、家族連れにぴったりの「円山動物園」などがある。
そして、中でも忘れてはならないのが「羊ヶ丘展望台」だ。

札幌市街が一望できる羊ヶ丘には、北海道を象徴するクラーク博士像がある。
ここで大志の誓いを立ててから、ジンギスカンなど北海道グルメを味わいに行くなんてどうだろう。


“BOYS BE AMBITIOUS”(少年よ大志を抱け)の言葉で有名なクラーク博士像は、もともと北海道大学に胸像があったが、観光客が殺到したために全身像を羊ヶ丘に新たに作ったという経緯がある。



・アクセス
札幌市街地から羊ヶ丘通など

・定休日
無休

・営業時間
<5月~6月>8:30~18:00
<7月~9月>8:30~19:00
<10月~4月>9:00~17:00

・駐車場
100台/無料

・URL
ようこそ SAPPORO http://www.welcome.city.sapporo.jp/
・住所
北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1



最後に


北海道には他地域では見ることができない標識やカントリーサイン、住所表記がたくさんあって、北海道ならではのマメ知識もドライブ中に集められるかもしれない。

とは言っても、もちろん、よそ見運転は厳禁。
真っすぐな道というのは、スピード超過にもなりやすいので、同乗者も声をかける配慮を。
特に、冬季は凍結や雪に十分に注意を払ってドライブを楽しもう。

そして何より、ウニやイクラがたっぷりのっかった海鮮丼、札幌味噌ラーメン、ジンギスカンなど、北海道名物が待っている。
…想像するだけで、ヨダレが。


あー、混じり気のない、爽快な気分。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング