【特集】『雨の日に遊びたいゲーム』7選

インサイド / 2017年6月18日 20時30分

【特集】『雨の日に遊びたいゲーム』7選

気持ちの良い青空が広がる5月とは異なり、6月は梅雨入りでジメジメ、ジトジトしているから苦手という方も多いのではないでしょうか。確かに6月は雨の多い時期ですが、だからこそ普段より楽しめるゲームが存在することも、また事実。

そんなわけで今回は「憂鬱な雨の日にこそ遊んで、雰囲気を味わいたいゲーム7選」としてなつかしの名作から手軽に遊べるアプリまで幅広く選んでみました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■rain
(発売:SCE 対応プラットフォーム:PS3)

雨の降るゲームといえば、真っ先に『rain』が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。本作の主人公は、降りしきる雨の中に”透明な少女”を見つけた一人の少年。怪物に襲われる彼女を追いかけてるうちに彼は不思議な夜の町へと迷い込み、いつのまにか自分の身体が透明になっていることに気付きます。

雨に濡れると怪物に見つかってしまうため、町の至る所で雨宿りをして姿を隠しながら少女を探すというゲームデザインがと秀逸な本作。初見でも3~4時間でクリアできたという声も多く、雨が降る静かな夜にピッタリな1本です。

■rain -脱出ゲーム-
(開発元:IzumiArtisan 対応プラットフォーム:iOS/Android)

先ほどご紹介した『rain』を、スマートフォン用にアレンジしたのが『rain -脱出ゲーム-』。誰もいない家屋に閉じ込められてしまったプレイヤーは、室内のアイテムや隠された仕掛けを駆使しながら、建物からの脱出を目指します。

ゲーム内の音も重要になってくる謎は、少々難易度が高め。どうしても分からなくなったら、ユーザー同士が協力しあう専用掲示板を覗いてみるのも良いでしょう。あからさまなネタバレは削除対象になっており、謎解きの楽しみはちゃんと守られているのでご安心を。

■HEAVY RAIN 心の軋むとき
(発売元:SCE 対応プラットフォーム:PS3/PS4)

心の中にまで雨が降ってしまいそうな、じっとりとした気持ちになった時にオススメなのが『HEAVY RAIN 心の軋むとき』。本作は、雨の季節に少年が溺死させられるという悲惨な連続誘拐殺人事件の解決を目指す、アドベンチャーゲームです。

本作最大の特徴は、プレイヤーが下した選択によって例え誰かが死亡してしまっても、ストーリーがそのまま完結まで進んでしまうということ。ゲームをプレイしていて「頼むからゲームオーバーにさせてくれ!」と懇願したくなるような作品はかなり珍しいのではないでしょうか。プレイヤーの行動に対する答えを淡々と見せつけてくるストーリーは、タイトル通り遊ぶ人の心をギシギシと軋ませてくれることでしょう。

インサイド

トピックスRSS

ランキング