都内のカフェを360度パノラマで鑑賞、来店してポイントもたまる「AirWALLET×CAFE」

インターネットコム / 2014年3月26日 10時20分

写真

都内のカフェを360度パノラマで鑑賞、来店してポイントもたまる「AirWALLET×CAFE」

東京都内にあるカフェの360度パノラマ写真を眺め、気に入ったら足を運び、食事をしてポイントもためる。リクルートライフスタイルが特設サイト「AirWALLET×CAFE」を使ってこんな O2O(Online to Offline)サービスを開始した。

利用するにはまず、AirWALLET×CAFE に並んだ店舗を一覧し、気に入ったものを選んで店内のパノラマ写真を眺める。もし「Google インドアビュー(旧おみせフォト)」を試したことがあれば似たような感覚で利用できるだろう。

訪れたいカフェが決まったら、iPhone や Android スマートフォンにポイントアプリケーション「Air ウォレット」をインストールして持ってゆく。このアプリでは店舗の混雑状況などを確認できる。

店舗で食事を済ませ、会計時にレジで Air ウォレットをかざすと、代金の2%分を「リクルートポイント」として受け取れる。たまったリクルートポイントで代金を支払うことも可能。リクルートポイントはほかにも、リクルートグループの各種 Web サイトが掲載する店舗や宿泊施設で使える。

なお今後は、Air ウォレットにカフェなどのキャンペーン情報などがプッシュ通知で届くようになる見通し。

リクルートライフスタイルは2月から静岡県・熱海の商店街でこうした O2O サービスを実験していたが、3月下旬になって都内のカフェ100店舗に拡大し始めた。当初は渋谷、原宿、表参道の20店舗で利用できる。

ちなみに、Air ウォレットが使える店舗はいずれも、同社が力を入れるスマートフォン、タブレット向け POS レジアプリ「Air レジ」の導入店舗。カフェでは Air レジを使って Air ウォレットの画面に表示されたバーコードを読み取り、ポイント処理を行う。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング