朝ドラ聖地めぐり、ソフトバンクが一番使える?「あまちゃん」など3作品のロケ地で最速

インターネットコム / 2014年3月28日 14時30分

写真

朝ドラ聖地めぐり、ソフトバンクが一番使える?「あまちゃん」など3作品のロケ地で最速

「あまちゃん」など NHK 連続テレビ小説(朝ドラ)3作品のロケーション撮影場所(ロケ地)で iPhone 5s の通信速度を測定したところ、ソフトバンクモバイルが最高で、NTT ドコモ、KDDI(au)を大きく引き離した。やや変わった調査結果を地域活性プランニングがまとめた。

地域活性プランニングは普段、映像制作業界向けにロケ地の検索サイトを運営するほか、一般向けにもロケ地めぐりに役立つ情報誌を発行している。

その同社が今回、iPhone 5s の通信速度測定を行ったのは「あまちゃん」の舞台となった岩手県久慈市と東京都台東区をはじめ、「おひさま」の舞台となった長野県安曇野市、「ちりとてちん」の舞台となった福井県小浜市と大阪府大阪市北区。3月17〜21日にかけて、合計26か所で調査した。

平均下り通信速度は各作品の舞台ともにソフトバンクがトップだった。平均上り通信速度を見ると、あまちゃん、おひさまのロケ地では au、ちりとてちんのロケ地はソフトバンクが首位となっている。

■最速はあまちゃんの「駅前デパート」

ちなみに測定地点別に見ると、上り、下りともに通信速度が最も高かったのは「久慈駅前デパート(駅前ビル)」。ソフトバンクの iPhone 5s が下り 45.24Mbps、上り 18.38Mbps を記録している。

あまちゃんのドラマの中では北三陸市観光協会が入っている設定の建物だ。なぜかソフトバンクが ドコモや au の3〜4倍の下り通信速度を記録している。ちなみに同ビルは今後、再開発により解体の予定と伝えられており、ロケ地めぐりが好きなファンにはさびしい話だ。

下り通信速度2位は、「久慈駅前の噴水広場」。あまちゃんのドラマの中で主人公のアキと友達のユイが悩みを相談していた場所で、ソフトバンクの iPhone 5s が 39.7Mbps を記録した。ほかにも、あまちゃんのロケ地では同社の LTE サービスが 30Mbps 超の出た地点が複数あった。

4月には、東日本大震災で大きな打撃を受けた三陸鉄道が全線運行再開し、久慈市を含め沿線の観光も活発化する見込み。この地域でも携帯電話キャリアの LTE 回線整備が進んでいることは歓迎できる。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング