ヤフー、ジャパンネット銀行を関連会社に、Yahoo! Japan ID を生かしたサービス予定

インターネットコム / 2014年4月1日 21時0分

写真

ヤフー、ジャパンネット銀行を関連会社に、Yahoo! Japan ID を生かしたサービス予定

ヤフーは、インターネット専業銀行のジャパンネット銀行を関連会社にすると発表した。今後、Yahoo! Japan ID と密接に連携した安全性、利便性の高い決済サービス、金融サービスを手掛けるという。

ヤフーとジャパンネット銀行は2006年に資本、業務提携。すでにヤフーからジャパンネット銀行に出資している。

今回ヤフーは、金融庁からジャパンネット銀行の「銀行主要株主」となるための認可を取得した。4月30日にはジャパンネット銀行に対する出資割合を従来の12.18%から41.16%に引き上げる。

一方、従来の親会社である三井住友銀行のジャパンネット銀行に対する出資割合は61.44%から41.16%に低下。これによりジャパンネット銀行は三井住友銀行の子会社から関連会社に移る。

ヤフーは、同じソフトバンクグループの携帯電話キャリアであるイー・アクセス(イー・モバイル)とウィルコムが合併した新会社の買収予定を明らかにするなど、ここのところ活発な動きを見せている。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング