文書の校正も Web で完結--「ATOK クラウドチェッカー」公開

インターネットコム / 2014年4月3日 20時10分

写真

文書の校正も Web で完結--「ATOK クラウドチェッカー」公開

ジャストシステムは、Web サイト上で文書の校正ができるツール「ATOK クラウドチェッカー」を公開した。月額476円(税別)の有料会員サービス 「ATOK Passport [プレミアム]」に加入していると追加料金なしで使える。

文章校正支援ツールとして定評のある「Just Right!」の技術を使って、誤字脱字や慣用表現などの誤り、表記ゆれがないかを調べたり、公用文、ビジネス文としてふさわしい表現になっているかを確認したりできる。

利用場面に応じて校正モードを選ぶことが可能。「誤りだけチェック」「ビジネス文チェック」「公用文チェック」「表記ゆれチェック」の4種類から指定できる。

使い方は、専用 Web サイトにログインし、画面に文章をコピー&ペーストで貼り付け、「チェック」ボタンを押すだけだ。

校正結果を見ると、修正や確認が必要だと思われる部分は背景色が変わって指摘が付いている。全体の指摘件数も確認できる。また指摘部分をクリックするとダイアログで訂正候補を一覧、選択できる。

文章校正を Web で行えるツール自体はすでにあまたある。代表的なところで言えば、米国 Microsoft の「Office Online」では、無料で Word 文書を作成、編集するついでに校正も行える。ほかにもヤフーが、誰でも Web の文章校正ツールを作れるよう API(アプリケーションプログラミングインターフェイス)を公開しており、これを使ったサービスもいくつも公開中だ。

とはいえ、高い精度を誇る Just Right! にはファンも多く、Web 上で利用できるとなれば食指が動く人も少なくないだろう。今後は Just Right! の特徴である外部辞書との連携機能など、カスタマイズ性の強化に期待したい。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング