スマホ利用率がついに5割超、iPhone シェアの伸びは止まった?―定期調査「新携帯電話/スマホ買い替え」(4)

インターネットコム / 2014年4月4日 11時30分

写真

スマホ利用率がついに5割超、iPhone シェアの伸びは止まった?―定期調査「新携帯電話/スマホ買い替え」(4)

このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「携帯電話/スマホ買い替え」について調査した第4回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,104人。男女比は男性53.9%、女性46.1%。年代比は10代2.4%、20代26.9%、30代21.3%、40代17.5%、50代以上32.0%。

まず、どのようなモバイル端末が利用されているか調べてみた。「主に利用している端末」の種類を尋ねたところ、「携帯電話」が43.8%(前回45.8%)、「スマートフォン」が51.7%(同48.6%)で、スマートフォンの所有率がとうとう5割を超えた。前回は2月末、今回は3月末に調査を実施し、そのあいだに春の入学/入社準備商戦を挟む形となった。スマートフォンの利用者が増えたのには、調査時期の影響も大きいのだろう。

スマートフォンの利用者が増え続けているので、今回もスマートフォン OS のシェアを確かめた。そしてスマートフォン利用者571人(全体の51.7%)に「現在、主に利用している携帯電話/スマートフォン・PHS の OS をお答えください」と質問し、「Android」が60.2%(前回55.6%)、「iOS(iPhone の OS)」が38.4%(同42.4%)という結果が得られた。両 OS の寡占状態は盤石だ。

ただし、これまで順調にシェアを増やしてきた iOS の伸びが止まった。これは、単に 「iPhone 5s/5c」発売から半年経過するとともに次世代モデル「iPhone 6」登場のうわさが流れて iPhone 需要が落ちついているためか、Android スマートフォンを選ぶユーザーが増えたためなのか、判断つきかねる。OS シェアの状況がどのように変化していくか、今後も引き続き調査していく。

(調査協力:NTTコム リサーチ)

◆参考記事:
増える iPhone のシェア、“ガラパゴス現象”は今後も続くのか?―定期調査「新携帯電話/スマホ買い替え」(3)
スマホ所有率がついに携帯超え、ドコモ版 iPhone 登場の影響がそこかしこに―定期調査「新携帯電話/スマホ買い替え」(2)

調査協力:NTTコム リサーチ

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング