So-net、関空に SIM カード自販機設置--訪日外国人も自分のスマホが利用可能

インターネットコム / 2014年4月15日 14時30分

写真

So-net、関空に SIM カード自販機設置--訪日外国人も自分のスマホが利用可能

ソネット(So-net) は、下り最大150Mbps の LTE 高速データ通信サービスを利用できるプリペイド式 SIM カード「Prepaid LTE SIM」の提供を4月22日より開始。関西国際空港の自動販売機などで販売する。

Prepaid LTE SIM では、利用シーンに合わせて100MB/500MB のデータ容量から選べる2つのプランと、標準/micro/nano の3サイズの SIM カードを組み合わせた合計6パッケージを展開。後からチャージにより容量を増やすこともできる。NTT ドコモの Xi/FOMA ネットワークに対応しており、通信速度は下り最大 150Mbps、上り最大 50Mbps。

利用期間と料金は、容量100MB プランが30日間3,000円。容量500MB プランが60日間5,000円(ともに税込)。全サイズで同一料金。追加チャージは200MB から可能。

SIM パッケージを購入後、端末の APN 設定と Web からの手続きですぐに利用開始できる。プリペイド式のため、必要な分だけを使い切りたい人や短期間日本を訪れる外国人旅行者に最適とのこと。日本語と英語による電話サポートや、日本語/英語/中国語によるサービスサイト、韓国語・タイ語にも対応したマニュアルなど多言語でのサポートが用意されている。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング