バッファローから、ホテルの部屋で専用 Wi-Fi を構築できる極小ルータなど

インターネットコム / 2014年4月17日 14時30分

写真

バッファローから、ホテルの部屋で専用 Wi-Fi を構築できる極小ルータなど

暑くもなく寒くもない、旅行に最適なシーズンになってきた。そこで、名古屋のメルコホールディングスグループのバッファローは、ホテル用 Wi-Fi ルータ「WMR-433 シリーズ」と、アクセサリタイプの充電用 USB ケーブル「BSIPC09ULWH」と「BSMPC20BK」を発売する。

「WMR-433 シリーズ」は、11ac/n/g/b 433Mbps 対応の Wi-Fi ルータ(無線 LAN 親機)で、ホテルの有線 LAN を無線化し、ユーザー専用の Wi-Fi 環境を構築できる。つまり、スマートフォン/タブレットなどを、ホテルのインターネット回線に接続できるのだ。

本体重量は約19gで名刺より小さいサイズ。2.4GHz 帯と 5GHz 帯に対応し、5GHz 帯では最大 433Mbps(理論値)の IEEE.802.11ac に対応する。

QR コードを読み込むだけで接続を設定できる、スマートフォン/タブレット用無償アプリ「QRsetup」に対応している。WPS(Wi-Fi Protected Setup)にも対応し、WPS 対応機器と製品の WPS ボタンを押すだけで、セキュリティ設定済みの Wi-Fi 接続が完了する。

USB 充電器やモバイルバッテリ、PC の USB ポート等を電源に動作し、ブラック、ホワイト、ブルー、ピンク、イエローの5色がある。販売開始は4月下旬。

そして、持っていくのを忘れたら、旅先で悔しい思いをする充電用ケーブルだ。

BSIPC09ULWH(A to Lightning)と BSMPC20BK(A to microB)は、スマートフォン/タブレットのデータ転送/充電用 USB2.0 ケーブル。両端のコネクタを反対側のコネクタの樹脂部分に収納できる。

コネクタを収納することで、コネクタの先端がほかのものを傷つけたり、コネクタが破損するといった事故を防ぎ、同時に鞄の柄やベルト通しなどに付け、アクセサリのように持ち運べる。

BSIPC09ULWH は Apple 認定の MFi(Made for iPod/iPhone/iPad)認証の Lightning コネクタータイプ、BSMPC20BK は Android スマートフォン/タブレットなどに対応した USB-microB コネクタータイプ。販売開始は5月上旬。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング