キヤノン、新たな“一芸カメラ”発売--撮影者自身も写す機能

インターネットコム / 2014年4月17日 18時0分

写真

キヤノン、新たな“一芸カメラ”発売--撮影者自身も写す機能

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot N100」を発売した。“思い出をストーリーにして残す”という新コンセプトのもと、撮影者も同時に写す機能や動画を自動で編集する機能などを備えている。直販価格は3万4,800円(税別)。

PowerShot N100 は、撮影者自身も写すことができる機能「ストーリーカメラ」を搭載。ボディ前面と背面のカメラを使うことで、目の前のシーンとともに撮っている人の姿や表情も記録できる。ゴールデンウィークや運動会などのイベントにおいて、家族や友人と一体感のある写真を残すことができそうだ。

PowerShot N100 はそのほかにも、シャッターを切る4秒前からの映像を記録する「プラスムービーオート」機能や、撮影した画像や映像を用いて“ストーリー性のある”動画を自動で編集する「ストーリーハイライト」機能などを搭載。“ストーリー”という新しい視点で開発された同製品は、今年2月に開催されたカメラの祭典「CP+2014」でも話題を呼んだ。

2013年頃から自分で自分を撮る“自撮り”がブームになっており、カメラアプリ「Frontback」やキヤノンのムービーカメラ「iVIS mini」など、自撮りに焦点を当てた商品・サービスが注目を集めている。

そんな中、自分だけでなく家族や友人と一緒に写り、思い出を“ストーリー”にして楽しむことができる PowerShot N100 は、コンパクトデジタルカメラ市場において独自の存在感を放つかもしれない。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング