タブレットの2強 Android/iOS に対し健闘する Windows―定期調査「モバイル機器」(11)

インターネットコム / 2014年4月18日 11時30分

写真

タブレットの2強 Android/iOS に対し健闘する Windows―定期調査「モバイル機器」(11)

このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「モバイル機器」について調査した第11回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,086人。男女比は男性53.2%、女性46.8%。年代比は10代11.0%、20代18.0%、30代21.3%、40代17.7%、50代以上32.1%。

まず、ユーザーがどのようなモバイル機器を所有しているかを調べた。所有率の高いモバイル機器は、「ノート PC/ネットブック」(56.4%、前回57.7%)が最も多く、「スマートフォン」(54.7%、同52.0%)がそれに迫り、「従来型の携帯電話/PHS」(48.4%、同50.6%)、との差を広げてきた。以下、「携帯ゲーム機(ニンテンドー DS や PSP など)」(28.8%、同29.4%)、「携帯音楽プレーヤ(iPod touch など)」(26.3%、同24.3%)が続き、その後ろから「タブレットPC(iPadなど)」(17.3%、同14.8%)が差を詰めている。

スマートフォンを使う人が増えたことで、同様の OS やアプリケーション、操作体系を持つタブレットを利用する人も増えてきたようだ。

スマートフォンは「iPhone の人気が高いものの、Android 搭載モデルを使う人が多い」状況にある。基本的に同種の OS を搭載するタブレットも同じような状態だろうか。そこで、タブレットで使用している OS を調べてみよう。

ほぼ1年前の第7回のデータから並べてみると、今回 Android が iPad に搭載されている iOS を上回ったが、一時的な変動の可能性がある。Android が 増加傾向にあって iOS のシェアを上回ったと判断するには、継続的な調査が必要だろう。

興味深いのは、Windows 系 OS が10%前後で推移していることだ。Android と iOS の2強で寡占状態にあるなか健闘できているのは、やはりパソコンにおける Windows の大きなシェアが貢献しているのだろうか。各ユーザーが持っているスマートフォン、タブレット、パソコンの OS の種類に相関関係があるかもしれない。 
(調査協力:NTTコム リサーチ)

◆参考記事:
スマホ所有率が携帯/PHS を上回り過半数に―定期調査「モバイル機器」(10)
「iPhone 5s/5c」発売直前の状況、上がるスマホ所有率、下がる iPhone シェア―定期調査「モバイル機器」(9)

調査協力:NTTコム リサーチ

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング