富士通 FIP、データセンターのハイブリッドクラウドを仮想ネットワーク「サービスバス」で強化

インターネットコム / 2014年4月18日 14時40分

写真

富士通 FIP、データセンターのハイブリッドクラウドを仮想ネットワーク「サービスバス」で強化

富士通エフ・アイ・ピー(富士通 FIP)は、データセンターの仮想化を強化すべく、IaaS「HyConnect」(ハイコネクト)を開始した。HyConnect では、機能や価格レンジが異なる3種類の IaaS を提供する。

また、仮想ネットワーク「サービスバス」を6月から順次整備する。「サービスバス」は、データセンター基盤として富士通 FIP の IaaS や監視サービスなどをプラグイン感覚で簡単に利用できる環境を提供するもの。

「サービスバス」につながる IaaS は、低価格・スピーディが特長の「HyConnect/オープンパブリック」、導入から運用までのトータルサポート「HyConnect/マネージド」、個別構築で最大限の安全を確保できる「HyConnect/プライベート」と、タイプの異なる3 種類を揃えた。

これにより、OSS を活用して価格を抑えたパブリック型 IaaS をはじめ、マネージド型やプライベート型 IaaS を、サービスバスで接続・組み合わせ、最適なシステムを運用できるようになるそうだ。

富士通 FIP は、データセンターの顧客に対して、データセンター内のネットワークでクラウドサービスに簡単に接続できる「サービスバス」を整備し、ビジネス環境の変化に対応できる IT インフラストラクチャを提供していく意向。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング