スマホ史上一番かしこい「ATOK」登場、アプリに合わせて変換候補を自動切り替え

インターネットコム / 2014年4月24日 19時0分

写真

スマホ史上一番かしこい「ATOK」登場、アプリに合わせて変換候補を自動切り替え

日本語入力システム「ATOK」に、同シリーズのスマートフォン版としては最高の性能を持つ新版「Super ATOK ULTIAS」が登場した。地図を検索する際は地名優先、メールを送る際は話し言葉優先と、使うアプリケーションに合わせて変換候補を自動で切り替える。富士通とジャストシステムが共同開発した。

富士通製品に最適化することで、高い性能、機能を持たせている。同社が発売するスマートフォンの2014年夏モデル以降で利用可能になる。

4月24日に東京都内で発表会が開かれ、富士通の執行役員である高田克美氏と、ジャストシステムの CPS 事業部長である田食雅行氏が、共同開発の理由を語った。

■スマホのサイズが 5インチを超えても、まだ文字入力はしづらい

富士通の高田氏は、スマートフォンの普及とともにコミュニケーションが音声ではなくソーシャルメディアなどのテキスト中心になっている現状に触れつつ、その一方でスマートフォンでの文字入力にはまだ不満を感じる人が多いと述べた。

最近のモデルは画面サイズも5型を超えるものが多くなり、操作がしやすくなっているとはいえ、打とうとした文字がうまく入らない、変換したい単語の候補が出ない、といった声は少なからず出ているという。

そこで富士通の新モデルでは、タッチパネルまわりを改良してノイズの影響を抑え、タップやフリックといった操作をより意図した通りに行えるようにする一方、使いやすい日本語入力システムを求めて Super ATOK ULTIAS をジャストシステムと共同開発した。

■利用シーンに合わせて変換候補を自動切り替え

Super ATOK ULTIAS の特徴の1つは、利用シーンに合わせて変換候補を自動で切り替えられる機能だ。ジャストシステムの田食氏によると、この機能は、富士通の新型スマートフォンが標準搭載する各種のアプリを判別して動作する。

例えば地図を検索する際は地名を優先、メールやソーシャルメディアを使う際は話し言葉優先といった具合に、つど適切な候補が選べる。

さらにアドレス帳を編集する場合などは、姓・名欄を入力する際は人名優先、住所欄を入力する際は地名優先というように、きめ細かく候補を切り替えられる。
 

加えて「東新橋」と入力するだけで「東京都港区東新橋」といった正確な住所が候補に出る機能や、「〜やねん」など方言を簡単に入力できる機能もある。これらの機能でも入力している内容に合わせ、適切な地域の方言や住所が候補にあらわれるようになっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング