ドコモ、47都道府県で下り最速、日経 BPC が全国2,800か所調査

インターネットコム / 2014年5月12日 16時30分

写真

ドコモ、47都道府県で下り最速、日経 BPC が全国2800か所調査

携帯電話キャリア3社の通信サービスで、ダウンロードが最も高速なのは NTT ドコモで、iPhone、Android スマートフォンどちらの場合も他社を上回る。47都道府県すべてで同様だ。このような調査結果を日経 BP コンサルティングが発表した。

日経 BP コンサルティングは継続して通信サービスの速度測定を実施しており、規模はつど拡大している。1回目(2013年4月)は1,000か所、2回目(同年6〜7月)は1,793か所で、さらに今回(2014年4〜5月)は2,818か所と、これまでにない大がかりなものになっている。

今回はショッピングモール/複合商業施設、レジャースポットなどを中心に調査したという。

■ iPhone 5s、下りはドコモ版が他社より2割強速い、上りはソフトバンクがトップ

まず各社の iPhone 5s を使った測定結果では、ドコモのダウンロード速度が全国平均 25.01Mbps でトップだった。47都道府県すべてで最速で、イベント・スポーツ会場からショッピングモール/複合商業施設などすべての施設で優位。以下は KDDI(au)の 20.12Mbps、ソフトバンクモバイルの 19.77Mbps と続く。

一方、アップロード速度はソフトバンクが 9.64Mbps でトップとなり、41都道府県で他社を上回った。以下は au が平均 7.51Mbps、ドコモが同 6.63Mbps の順だった。

■ Android はドコモが平均 28.82Mbps を記録

Android については、ドコモの「Xperia Z1 f SO-02F」、au の「isai LGL22」、ソフトバンクの「AQUOS PHONE Xx 302SH」で測定を行っている。各機種とも仕様上 iPhone 5s より通信速度の理論値が高いが、実効速度でも若干上回った。
 

ドコモのダウンロード速度が平均 28.82Mbps と際立ち、iPhone 5s と同じく47都道府県すべてでトップ。レジャースポット/観光地、繁華街などすべての施設、地域で強い。以下はソフトバンクが 20.84Mbps、 au が 20.83Mbps と続いている。

アップロード速度はソフトバンクが 9.18Mbps で首位となっており、36都道府県で他社をしのいだ。続いてドコモが 7.61Mbps、au が 7.54Mbps の順となった。

■東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、ドコモの iPhone が下り最速

同調査では、2013年度に過去最高の収益を記録し、拡張計画も発表した「東京ディズニーリゾート(TDR)」と、2014年7月にハリーポッター関連施設をオープンする「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」について、特に注目して分析を行っている。
 

2つのレジャースポットに関し、それぞれ10か所程度のポイントで速度測定した。ダウンロード速度でドコモが他社を上回る傾向は同じだが、Android より iPhone の方が高い数値が出た点が興味深い。

アップロード速度では、ソフトバンクがトップ。こちらも iPhone が Android より高速だった。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング