キヤノン、国内最小 Wi-Fi 白黒レーザープリンター「Satera LBP6040」など6機種を発表

インターネットコム / 2014年5月20日 17時30分

写真

キヤノン、国内最小 Wi-Fi 白黒レーザープリンター「Satera LBP6040」など6機種を発表

キヤノンとキヤノンマーケティングジャパン(キヤノン MJ)は、レーザービーム プリンター「Satera」シリーズを拡充し、新たに A4 モノクロ対応の6機種を5月29日より順次発売する。個人/ホームオフィス向けの「LBP6040/6030」「LBP6240/6230」は無線 LAN(Wi-Fi)対応モデルを用意するほか、スマートフォン/タブレットからの印刷に対応させる。さらに、高速で拡張性の高いモデルとして、中小事業所向けの「LBP6340/6330」を販売する。価格はいずれもオープン。発売時期は、LBP6040/6030 が5月29日、LBP6240/6230 が7月下旬、LBP6340/6330 が5月29日。

個人/ホームオフィス向け4機種のうち、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)に対応しているモデルは LBP6040 と LBP6240 の2つ。Wi-Fi 対応 レーザー プリンターとしては国内で最小クラスの省スペースな製品だという。そのため、ケーブル配線が必要ないこともあって設置場所の制約が少なく、オフィスのデスクや店舗のカウンターなどに置きやすい。トナー交換と用紙補給も前面から行えるので、通常の使用シーンで困ることはないだろう。

また、LBP6040 と LBP6240/6230 は、モバイル機器から印刷するためのアプリケーション「Canon Mobile Printing」に対応する(iOS 対応は7月下旬、Android 対応は8月中旬の予定)。これにより、スマートフォンやタブレットからの印刷が容易になる。

中小事業所向け LBP6340/6330 は「Satera LBP6300」シリーズの後継機種で、印刷速度が LBP6340 は毎分33枚(「LBP6300」は同30枚)、LBP6330 は同30枚(「LBP3310」は同26枚)にそれぞれ高速化。オプションの500枚格納可能なペーパーフィーダーを装着すると、最大給紙枚数は800枚になる。

主な仕様は以下の通り。

【LBP6040/6030】
・印刷速度(A4 片面):18枚/分
・印刷速度(A4 両面):非対応
・A4 ファーストプリント:7.8秒
・USB:USB 2.0 Hi-Speed×1
・有線 LAN:非対応
・無線 LAN:IEEE802.11b/g/n(LBP6040 のみ)
・最大給紙枚数:150枚
・トナーカートリッジ:新タイプ
・サイズ:364×249×199mm
・重さ:約 5kg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング