マイクロソフトの学校向けクラウドサービス、国内ユーザーが 170万人を突破

インターネットコム / 2014年5月23日 14時0分

写真

イメージ

日本マイクロソフトは、教育機関向けの無償クラウドサービス「Office 365 Education」で総利用者数が170万人を突破したと発表した。

マイクロソフトは2012年6月以降、教職員や学生が電子メール、Web 会議、ドキュメント編集、オンラインストレージなどのグループウェア機能をクラウド経由で利用できる「Office 365 Education」を、教育機関に対して無償で提供している。2013年以降は、大阪府教育委員会や福岡県教育委員会など、初等/中等教育における普通授業での ICT 授業実現のための実証研究も行っている。

マイクロソフトは今春から、Office 365 Education に含まれるクラウドストレージ「OneDrive for Business」についても教育機関が無償利用できる容量を、1ユーザーあたり 1TB へ増強している。今後エンタープライズソーシャルサービス「Yammer Enterprise」の無償提供も予定しているという。

インターネットコム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング