自分の“夢”を月へ届けよう!大塚製薬らの月面到達プロジェクトに「宇宙兄弟」が参加

インターネットコム / 2014年5月30日 17時0分

写真

自分の“夢”を月へ届けよう!大塚製薬らの月面到達プロジェクトに「宇宙兄弟」が参加

大塚製薬と民間の宇宙開発企業が共同で取り組む月面到達プロジェクト「LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT」に、新たに漫画作品「宇宙兄弟」が参画を表明した。これに伴い、月面に届けるメッセージを募るキャンペーンなどを6月1日より順次展開する。

LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT は、地上から約400kmに位置する宇宙ステーション(ISS)をはるかに超えた約38万kmの月面到達に、民間企業だけで挑む史上初のプロジェクト。打ち上げは米国フロリダから2015年10月を予定しており、大塚製薬は世界中の子どもたちから集めた“夢”をタイムカプセル「LUNA DREAM CAPSULE」に格納して月面に届けるという。

同じく宇宙をテーマにした作品である「宇宙兄弟」は、同プロジェクトが掲げる“夢”や“挑戦”というテーマに共感し、プロジェクト応援団としてこのほど参画を表明。著者の小山宙哉氏は「史上初の夢のあるプロジェクトを、私も応援したい。いつか月でポカリを飲む日を夢見て」と応援コメントを寄せている。

大塚製薬と「宇宙兄弟」が展開する「POCARI SWEAT LUNAR DREAM CAMPAIGN」では、月面へ送るメッセージを6月1日よりキャンペーン特設サイトから受け付ける。投稿者には抽選で、アメリカの宇宙関連施設をめぐるツアーがプレゼントされるそうだ。

また7月1日からは、ポカリスエット対象商品を購入すると抽選で「ポカリスエット×宇宙兄弟」限定オリジナル T シャツがもらえるプレゼントキャンペーンも実施予定。どちらも応募締め切りは8月31日までとなっている。

なお、メッセージは、同プロジェクトサイト内の「ドリーム メッセンジャー」からも2015年5月まで受け付けている。集められたメッセージは120枚のチタンプレートに刻字され、「ポカリスエット」粉末とともに月へ届けられるそうだ。この機会に、月に夢を届けてみるのもいいかもしれない。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング