MS の12型タブレット「Surface Pro 3」、日本では9万1,800円から、7月17日より順次発売

インターネットコム / 2014年6月2日 19時40分

写真

MS の12型タブレット「Surface Pro 3」、日本では9万1800円から、7月17日より順次発売

日本マイクロソフト(MS)は12型タブレット「Surface Pro 3」各モデルを7月17日から順次発売する。希望小売価格は9万1,800円(税別)から。全国の家電量販店や同社の直販サイトから購入できる。

モバイルノート PC 並の大画面を採用した Surface Pro 3 は、従来のタブレット市場の枠を出た製品とのとらえ方が多い。競争製品は米国 Apple の「iPad」ではなく「Macbook」だとの分析もある。

これだけのサイズのディスプレイに、オプション品のキーボード機能付きカバー「タイプカバー」を組み合わせ、標準搭載のオフィスアプリケーション 「MS Office」を利用するとなると、タブレットとの1台2役を果たす「2-in-1 ノート PC」という印象は確かに強くなる。

ただし、10.6型の従来モデル Surface Pro 2 に比べ薄型軽量になっている点は目を引く。マグネシウム製の筐体を採用しており、厚みは 9.1mm で従来モデルより33%薄く、重さも 800g で同12%軽い。

Surface Pro 3 の仕様を確認しておくと、ディスプレイ解像度は WQHD(2160×1440ドット)。CPU には第4世代 Intel Core(Haswell)シリーズを採用し、OS は Windows 8.1 Pro Update。一般向けモデルは「MS Office Home and Business 2013」を標準搭載する。インターフェイスはUSB 3.0, microSD カードスロット、音声入出力、Mini DisplayPort、カバー用ポート。バッテリ稼働時間は9時間。電子ペンや、机の上などに本体を立てるスタンドが付属している。

一般向けモデルの標準構成と希望小売価格は以下の通りだ。

・CPU:Core i3、メモリ:4GB、ストレージ:64GB、9万1,800円
・CPU:Core i5、メモリ:4GB、ストレージ:128GB、11万1,800円
・CPU:Core i5、メモリ:8GB、ストレージ:256GB、13万9,800円
・CPU:Core i7、メモリ:8GB、ストレージ:256GB、16万4,800円
・CPU:Core i7、メモリ:8GB、ストレージ:512GB、20万2,800円

64GB モデルのみ8月、ほかは7月17日に発売する。CPU に Core i3 を搭載したモデルをさらに追加し、発売日を別途発表する予定。

法人向けモデルは以下の通り。いずれも MS Office は別売で、7月17日に発売する。

・CPU:Core i5、メモリ:4GB、ストレージ:128GB、10万800円
・CPU:Core i5、メモリ:8GB、ストレージ:256GB、12万8,800円
・CPU:Core i7、メモリ:8GB、ストレージ:256GB、15万3,800円
・CPU:Core i7、メモリ:8GB、ストレージ:512GB、19万1,800円

オプションも7月17日に発売する。

・Surface Pro タイプカバー、1万2,980円
・Surface Pen、4,980円
・イーサネットアダプター、3,980円
・36W 電源ケーブル、7,980円

タイプカバーはブラック、ブルー、カバー、シアンの4種類がある。Surface Pro 3 の本体カラーはシルバー。

インターネットコム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング