都内スポーツバーで W 杯観戦に最適なキャリアはソフトバンク、iPhone/Android とも最速

インターネットコム / 2014年6月11日 10時50分

写真

都内スポーツバーで W 杯観戦に最適なキャリアはソフトバンク、iPhone/Android とも最速

4年に1度のサッカーの祭典「FIFA ワールドカップ」が、6月12日に開幕する。6月15日に行われる日本代表の初戦を自宅のテレビで見たり、パブリック ビューイング(PV)やスポーツバーで大勢のサッカーファンと応援したりする人もいるだろう。そんななか、サッカー情報サイト「サッカーキング」を運営するフロムワンがユニークな調査を実施した。スマートフォンで SNS にアクセスしながらサッカー観戦するサポーターが増えていることから、東京都内の「人気スポーツバー」で携帯電話キャリア3社(NTT ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル)のスマートフォンの通信速度を調べたのだ。その結果、都内のサッカー観戦で盛り上がるスポーツバーと「最も相性の良いキャリア」は、ソフトバンクだったとしている。

調査は、フロムワンが「サッカーのサポーターに特に人気」とする都内のスポーツバー全10か所で実施。3キャリアの iPhone 5c と Android スマートフォンを使ってダウンロード(下り)速度とアップロード(上り)速度を計測した。

平均通信速度は以下の通りで、下り方向は iPhone 5c および Android の両方でソフトバンクが1位だった。特に、iPhone 5c の下り速度はソフトバンクが目立って速い。上り方向だと、iPhone 5c の1位はソフトバンク。Android の1位は KDDI だが、わずかな差でソフトバンクが続いた。ドコモは、iPhone 5c と Android の両方でアップロード速度が比較的遅く、スポーツバーで盛り上がるようすを写真やビデオ付きで SNS に投稿しようとすると他2キャリアに比べもたつくかもしれない。

【iPhone 5c の平均ダウンロード速度】
1位:ソフトバンク(24.53Mbps)
2位:ドコモ(16.65Mbps)
3位:KDDI(12.30Mbps)

【Android の平均ダウンロード速度】
1位:ソフトバンク(19.52Mbps)
2位:KDDI(19.33Mbps)
3位:ドコモ(17.82Mbps)

【iPhone 5c の平均アップロード速度】
1位:ソフトバンク(8.87Mbps)
2位:KDDI(6.90Mbps)
3位:ドコモ(2.80Mbps)

【Android の平均アップロード速度】
1位:KDDI(7.73Mbps)
2位:ソフトバンク(7.26Mbps)
3位:ドコモ(4.52Mbps)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング