SIM フリーの ASUS 製タブレット、音声通話付き SIM とセット販売、hi-ho

インターネットコム / 2014年6月13日 22時20分

写真

SIM フリーの ASUS 製タブレット、音声通話付き SIM とセット販売、hi-ho

さまざまな携帯電話キャリアや MVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスを差し替えて利用できる「SIM ロックフリー(SIM フリー)」のタブレットが新たに発売になる。台湾 ASUSTeK Computerの「ASUS Fonepad 7 LTE」とデータ通信サービスのセットを、ハイホー(hi-ho)が7月から取り扱う。機種代金と通信料金込みで月額基本料2,280円(税別)から利用できる。

NTT ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルといった携帯電話キャリア各社は、自社のサービスでしか使えない「SIM ロック」をかけたスマートフォンやタブレットを主力として販売し続けているが、hi-ho のような MVNO は SIM ロックフリー機種に意欲的だ。

ASUS Fonepad 7 LTE は、7型 WXGA(1,280×800ドット)ディスプレイを備え、OS は Android 4.3 。CPU は Intel Atom Z2560、メモリ容量は 1GB、ストレージ容量は 16GB と、さほど高性能とは言えないが、音声通話とデータ通信を1台でこなせるので、Bluetooth ヘッドセットなどと組み合わせれば便利だろう。

LTE サービスの対応周波数帯は、2.1GHz、1.7GHz、800MHz で、ドコモの回線を使うのであれば安定した通信ができそうだ。カメラは背面500万画素、前面120万画素。

セットとなる料金プラン「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 【LTE】」は、毎月 1GB まで下り最大 100Mbps、上り最大 50Mbps の高速通信ができ、上限に達すると上り下り最大 200kbps の低速通信に移行する。

音声通話対応、SMS 対応、データ通信専用とそれぞれ機能の異なる3種類の SIM カードを選べる。月額基本料はカードの種類によって2,280円〜3,280円。これはタブレットの代金を含んでいる。音声通話は、30秒当たり20円。なお、2年間の期間拘束が付く。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング