三井不動産と NEC、東京ミッドタウンに国内最多 EV/PHV 用充電インフラを導入

インターネットコム / 2014年7月1日 18時40分

写真

三井不動産と NEC、東京ミッドタウンに国内最多 EV/PHV 用充電インフラを導入

三井不動産と NEC は、東京ミッドタウンに国内最多となる125台の電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHV)用壁掛け型充電器を設置し、有料充電サービスを提供する。2014年12月の開始を予定しているという。

大規模な商業施設に多数の充電器を設置するのは、国内初。両社は今後、国内外の自動車メーカーによる EV/PHV の投入拡大が見込まれるなか、利用者の滞在時間が長い都心の商業施設で充電サービスを提供する。

今回導入した充電器は NEC が新開発したもの。また、複数の充電器の利用者認証や課金管理、監視/制御などを一元的に行う NEC の壁掛け型充電コントローラもあわせて設置する。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング