NEC、小松市のトマト農家へ農業 ICT クラウドサービスを開始

インターネットコム / 2014年7月7日 17時30分

写真

NEC、小松市のトマト農家へ 農業 ICT クラウドサービスを提供

NEC は、石川県小松市農業協同組合の農家に対し、農業 ICT クラウドサービスを開始した。同サービスは、今年5月末から全面稼働している。

同サービスは、JA 小松市施設園芸部会青年部に属する農家5軒の、トマトを栽培するハウス12棟に、温度や湿度などのセンサを設置し、環境データを自動収集するもの。従来は経験や勘に頼っていた作業を数値化し、生産工程の改善や新しい農業手法に取り組むことができるようにする。

具体的には、トマト栽培を行っているハウス内に温度/湿度/炭酸ガス量/照度のセンサを設置し、データを自動収集して NEC のクラウドに蓄積する。これらのデータは自動的にグラフ化され、パソコンやスマートフォンで確認できるので、ハウス内の環境を遠隔地からでもリアルタイムで把握できる。

なお同サービスは、建設機械メーカーの小松製作所・小松市・JA 小松市の三者で発足した「こまつ・アグリウェイプロジェクト」の一環として導入されたもの。また、環境データの分析や栽培指導などに、石川県の支援を受けている。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング