アドビ、Google とオープンソースの新書体をリリース

インターネットコム / 2014年7月24日 15時30分

写真

アドビ、Google とオープンソースの新書体をリリース

Adobe は、Google とのパートナーシップにもとづいて、「Source Han Sans」書体をリリースした。この書体は、新しいオープンソースの Pan-CJK 書体ファミリーであり、Typekit からフォントを入手してデスクトップで使用できる。Typekit アカウントを持っていなくても、セットアップは簡単で、無料で Source Han Sans フォントを使い始められる。オリジナルのソースファイルは、SourceForge のダウンロードページから入手できる。

Source Han Sans は、7つのウエイトが利用可能で、日本語と韓国語で用いる文字および中国語で用いる繁体字と簡体字のグリフのバリエーションすべてに対応する書体ファミリー。さらに、評価の高い Source Sans ファミリーのラテン文字、ギリシャ文字、キリル文字も含まれる。ファミリーのそれぞれのウエイトにつき、(OpenType 形式が対応可能な最大数)6万5,535のグリフ(字体)、ファミリー全体で、およそ50万のグリフをカバーする。

Google は、プロジェクト運営に役立つ広範な情報提供、要件定義の支援、国内のテストリソースや専門知識の提供、資金提供を行い、Adobe は、デザインおよびフォント関連の技術、各国用書体を含む定評ある書体デザインの経験、大規模な工程の管理とオートメーション技術を導入してプロジェクトを推進した。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング