Android でも「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」などが作れるようになった!

インターネットコム / 2014年7月31日 10時30分

写真

Android でも「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」などが作れるようになった!

NHK「E テレ」で放送している人気番組「0655」のなかでも特にファンが多いコーナーは、視聴者から投稿された愛猫/愛犬の写真を愛らしい歌をバックにスライドショーで紹介する「ねこのうた」「犬のうた」。「我が家の猫/犬を放送してもらいたい」と願う飼い主が多く、狭き門となっている。

なかなか採用されない飼い主の気持ちを慰めてくれるのは、キヤノンマーケティングジャパン(キャノン MJ)が販売しているスマートフォン/タブレット用アプリケーション「思い出ぽん!」シリーズの、「ねこのうた」「犬のうた」映像を再現できる「おれ、ねこ」「わが輩は、犬」など。ところが iPhone や iPad でしか使えない iOS 版しか用意されていないため、Android ユーザーの筆者は悲しい思いをしていた。

そんな悲しみも今日でもう終わり。ついに Android 版の「おれ、ねこ」「あたし、ねこ」「わが輩は、犬」「わたし、犬、いぬ」が発売された。Google Play での税込み販売価格は各200円だ。

思い出ぽん!は、スマートフォン/タブレットに保存してある写真を「ぽん、ぽん」と選ぶ簡単な操作でスライドショー(フォトムービー)にできるアプリケーション。2013年11月に iOS 版をリリースしたところ、「おれ、ねこ」が発売翌日に App Store の「写真/ビデオカテゴリ-トップ有料ランキングiPhone版」で1位を獲得する人気だった。その後、歌手の木村カエラさんの歌が流れ、同アプリケーションの限定キャラクタ「カエラねこ」が登場する特別版「おれ、ねこ 木村カエラバージョン」もラインナップに追加した。今回の Android 版アプリケーションにより、Android 利用者も楽しめるようになった。

フォトムービーは、アプリケーションを起動して「つくる」をタップし、「いつものごはん」「スペシャルごはん」「大好きおもちゃ」「遊んでいるところ」といった写真20枚を選ぶだけで作れる。あとは、愛猫/愛犬の住所と名前を入力すれば完成。歌付きの動画を確認してから手直しすることや、動画データとして書き出して保存することも可能。

なお、完成したフォトムービーを YouTube に投稿すると、キヤノンの Web ページ「今月の“うちの子じまん”!」で紹介してもらえるかもしれない。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング