au、「つながりやすさ」満足度トップ、39都道府県で1位-- ICT 総研の7月調査

インターネットコム / 2014年7月31日 11時0分

写真

au、「つながりやすさ」満足度トップ、39都道府県で1位-- ICT 総研の7月調査

スマートフォンを使ったデータ通信の「つながりやすさ」について、7月の調査では KDDI(au)のユーザー満足度がトップとなり、39都道府県で評価1位を獲得した。ICT 総研がこうしたレポートをまとめた。

携帯電話キャリア各社がサービス強化を競うなか、満足度の順位はめまぐるしく入れ替わるが、今回 au が栄冠を勝ち取った。

調査は7月11日〜15日にインターネット上で実施。対象としたのは、NTT ドコモ、au、ソフトバンクモバイルの iPhone 5s/5c、および LTE 対応 Android スマートフォンユーザー、合計7,500人だ。データ通信のつながりやすさ、切れにくさについて満足度を5段階で尋ね、上から100/75/50/25/0点と換算し、平均値を出している。

■au の満足度、LTE エリアの広さが寄与か

au の評価は平均で100点満点中70.5点。機種別に見ると、iPhone 5s/5cユーザーの平均は74.8点、Android ユーザーは68.7点。

au については、「LTE につながりにくい」という声が他社より少なかった。日常的な場面、混雑している場面、旅行先や地方のいずれでも、ドコモ、ソフトバンクより不満を抱く人の割合が低かった。au の LTE カバーエリアの広さを裏付けるものと、ICT 総研は分析している。

一方、NTT ドコモは平均66.9点。iPhone 5s/5c ユーザーが71.8点、Android ユーザーは66.2点。いずれも au を若干下回った。

ソフトバンクは平均59.5点でかなり低い。iPhone 5s/5c ユーザーは61.4点、Android ユーザーは55.8点で伸び悩んだ。「旅行先や地方でインターネットにつながりにくい」との声が20.8%あり、「混雑している場面でインターネットにつながりにくい」も18.2%とやや多かった。
 

■au は39都道府県で評価1位、ドコモは7県、ソフトバンクは1県

地域別に見ると、au は北海道から沖縄まで39都道府県で、データ通信のつながりやすさが満足度トップとなった。

ドコモは、鳥取、島根、岡山など中国地方を中心に7県で評価トップ。ソフトバンクは滋賀県でのみ他社を上回る評価を得た。
 

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング