ソニー、パナソニックなど、有機 EL パネルの研究開発を統合、新会社設立

インターネットコム / 2014年7月31日 21時50分

写真

イメージ

産業革新機構(INCJ)、ジャパンディスプレイ(JDI)、ソニー、パナソニックの4社は、有機 EL ディスプレイパネルの研究開発部門を統合し、新会社 JOLED を設立する。関連当局の承認を得て、2015年1月にも発足させる計画だ。

JOLED の議決権は、INCJ が75%、JDI が15%、ソニー、パナソニックがそれぞれ5%ずつ保有する予定。経営陣は外部から招くとしている。また新会社による技術開発に一定の目途が立った段階で、INCJ と JDI が追加出資などの支援を行い、量産を見据えた試験的な生産ラインを構築する方針だ。

ソニー、パナソニックが持つ有機 EL 成膜技術、酸化物半導体技術、フレキシブルディスプレイ技術と、JDI のディスプレイ技術と組み合わせ、この分野における主導的地位を掴む狙いだという。

新型パネルは、軽量、薄型化が必要な中型以上のタブレット、ノート PC や、曲面性、視認性、薄型化が必要なデジタルサイネージ(広告装置)などの需要を見込む。また将来は折り曲げられるフレキシブルディスプレイの技術を生かした新製品の市場も開拓したいとか。

有機 EL ディスプレイパネル市場では、韓国サムスン電子の存在感が際立つが、JOLED がこれと競合するのか、住み分けるのかも興味のあるところだ。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング