人の顔へ「仮面」のように 3D プロジェクションマッピングする動画が話題に

インターネットコム / 2014年8月19日 15時10分

写真

人の顔へ「仮面」のように 3D プロジェクションマッピングする動画が話題に

動く人間の顔に仮面のように 3D プロジェクションマッピングを施す技術のデモ動画が話題となっている。映像制作会社 P.I.C.S.(ピクス)に所属する浅井宣通氏らが手掛けたもの。

デモでは、顔の上に左右対称となるように幾つかの点を配した女性があらわれ、その上にさまざまな映像が仮面のようにかぶさっていくようすを見せている。顔の動きを追跡する「フェイストラッキング」技術と組み合わせていることもうかがえる。

ピクスはこの技術全体を「OMOTE(オモテ)」と呼ぶ。「表」「面」といった漢字をあてる、顔や仮面を指す言葉で、能楽からとったものだ。能楽師が表情を持たない仮面に繊細な人の感情を表現することから、3D プロジェクションマッピングの技術に共通点を見出したという。

今回のデモは動画共有サイト「Vimeo」でまず7月20日に公開。その後8月14日にあらためて公開したところ、クチコミで話題が広がって、ニュースサイトが取り上げるようになり、さらに注目を集めているようだ。

なお、ピクスでは OMOTE の実演を予定している。8月28日に東京都港区の「スパイス 赤坂スタジオ」で実施するといい、ビープラウドの IT 勉強会・イベント支援サイト「compass」上で一般参加を募集している。抽選で100人60人まで参加できる。(2014/8/20 17:55追記 どうやら参加人数は60人に引き下げられたもよう。なお、すでに応募は定員の3倍強だ)

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング